読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

フロアコーティングは不要だった人からの依頼増!!!

シートフローリングにフロアコーティングは不要

 

f:id:morinosizukuceo:20160813100939j:plain

 

シートにフロアコーティングなんかする意味ない。

もともとそんな考えをお持ちになり、

実施せずに入居をし、

新生活をスタートされたお客様は、

実は多くいらっしゃいます。

 

(森のしずくナノピークス施工後の画像)

f:id:morinosizukuceo:20170502162637j:plain

 

しかし、ここ最近入居中のお客様からの

お問い合わせを多くいただき、

また実施をさせていただいております。

 

その多くの方々が、

シートフローリングだから

フロアコーティングは不要だと思っていた

とか、ハウスメーカー様、

デベロッパー様ご担当者さんから、

シートフローリングなので、

フロアコーティングは不要との説明を受けた。

 

そのため、入居前に

フロアコーティングは

敢えて実施しなかった。

 

そんな声が実に多いのであります。

 

実施しなかった中、

なぜ実施を検討されたかの理由は???

一様に

シートフローリング特有の劣化に悩まされて

いる事実が判明しました。

 

お客様に一番多い悩みは、

やはり傷でした。

 

しかし、この傷・・・・・。

 

シートフローリングの傷は、

これまでの突板にはなかった

独特の特徴があります。

 

それは、シート部分が、捲れ上がり、

やがて、捲れ上がったシートが欠損してしまう。

このことにほぼすべてのお客様が

悩まされておりました。

 

シートフローリングの傷画像です。

 

f:id:morinosizukuceo:20170502061711j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170502061736j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170502061749j:plain

 

黒っぽい下地材が見えてしまい、

とても目立ってしまうのです。

 

フロアコーティングは不要とのお考えも、

それはそれで正しく、合理性がありますが、

しっかりとした保証を確保した、

傷への無償保証(無料傷補修)を担保した

フロアコーティングであるならば、

こうした傷へのストレスはなくなります。

 

コーティングをした塗膜は何と申しましても

キレイです。

 

f:id:morinosizukuceo:20170502163332j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170502163335j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170502163338j:plain

 

その上で、付いてしまった傷は、

全力で直す。

そんなフロアコーティグを

森のしずくはずっと実践しております。

 

ゆえに、ご在宅中のお客様の間で

ちょっとした話題としていただいているご様子。<(_ _)>感謝

 

ご在宅中のお客様でも

フロアコーティングは可能です。

既存の傷を補修した上で、

施工をスタートさせていただいております。

 

昨日もご在宅中のお客様邸にて

施工を実施させていただきました。

 

わたしも同行をしましたため、下記ブログにて


紹介をさせて

いただいております。

 

フロアコーティング森のしずくは、

暮らしの中でフロアコーティングの良さを

ご体感いただく会社です。

 

 

 

 

新規お客様と既存お客様どっちも・・・。

新規顧客と既存顧客、

お客様を天秤にかけるのは、

そもそもおかしく、失礼な話しですが、

当社は、創業以来、

既存顧客に力を入れさせていただいて

おります。

 

f:id:morinosizukuceo:20170430100208j:plain

 

単純に新規顧客は既存顧客へなりますが、

逆はありません。

 

新規⇒⇒⇒既存である以上、

既存を大切にすることで、

必然的に新規サービスも充実していきます。

 

しかし、逆の話しはそうそう聞きません。

「この会社は、新規顧客を大切にするねぇ」

なんて言われましても、我々の業界では

素直に受け取れません。

 

「御社は顧客をずっと大切にしている会社みたいですね」

こう言われますと、素直にうれしく思うものです。

 

フロアコーティング森のしずくは、

そんな会社でありますため、

日々の施工も、新規お客様と

既存お客様邸での補修作業が、実施されております。

 

そんな当社施工部の昨日の画像より

一部だけご紹介をさせてください。

 

傷補修へお伺いのスタッフから届いた画像です。

 

f:id:morinosizukuceo:20170430095924j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170430095927j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170430095931j:plain

 

通常施工。新規お客様邸にて

ナノピークスを施工。

施工前と施工後を・・・。

 

f:id:morinosizukuceo:20170430100012j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170430100027j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170430100045j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170430100050j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170430100054j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170430100101j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170430100109j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170430100114j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170430100133j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170430100139j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170430100145j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170430100149j:plain

 

www.morinosizuku.com

 

 

今を大切に。

あちらこちらに花が咲きだした春。

 

一時前の枯れた木々たちは、想像すら出来ず。

 

そうして枯れ落ちた葉を含み、

また新しい春が芽吹いてきました。

 

当社は、お蔭様で最高の形で今春を迎えさせて

いただいております。

 

多くのお客様にご支持をいただき、

当社も季節同様に、新たなステップへと

力を蓄え、漲らせているところです。

 

フロアコーティングの施工はもとより、

各所内装工事も本格的にスタートした

今期は、手探りな部分もありましたが、

社員スタッフ一同が、

各人の職務を直向きに遂行してくれました。

 

そうした、社員の努力を如何にして今後へと

活かしていくか・・・わたしは試されている

今日この頃であります。

 

会社を運営しておりますと、

良い事ばかりとは決して行かず、

様々な事象が降りかかってきます。

 

そうしたことに、常に誠実に、

謙虚に対峙しいけるかが肝心かと

思い、日々仕事をしております。

 

時に自身の身の丈を遥かに超えた難題に

直面をすることもありますが、

そうしたことを、

生きる喜びとでも捉える、

懐の深さが肝要かと思う本日です。

 

以前に長男が行き詰っていた時に

伝えた好きなことばのひとつ・・・。

 

「 男の修行 」

 

わたしも噛みしめている本日です。

 

苦しいこともあるだろう。

云い度いこともあるだろう。

不満なこともあるだろう。

腹の立つこともあるだろう。

泣き度いこともあるだろう。

これらをじつとこらえてゆくのが男の修行である。

 山本五十六

 

さて、本日も各地にて施工を実施させて

いただきました。

 

心より感謝を申し上げます。

 

少し、ご紹介をさせてくださいませ。<(_ _)>

 

f:id:morinosizukuceo:20170425190955j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170425191033j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170425191105j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170425191116j:plain

 

明日が皆様におかれましてハッピーな一日でありますように ♪ ~ 。

 

www.morinosizuku.com

森のしずく 久永

長崎から届きました画像を。<(_ _)>

出張中の施工部より

画像が届きました。

長崎市新築マンションお客様邸にて。

f:id:morinosizukuceo:20170420175547j:plain

ナノピークス施工後の画像です。

f:id:morinosizukuceo:20170420175557j:plain

施工前。

f:id:morinosizukuceo:20170420175745j:plain

施工後。

f:id:morinosizukuceo:20170420175731j:plain

長崎と言えば、カステラ ♪ 。

f:id:morinosizukuceo:20170420175931j:plain

そんな画像を眺めておりましたところ、

会社にたんまりとカステラが届きました。<(_ _)>

f:id:morinosizukuceo:20170420125308j:plain

出張先からのお土産~差し入れ。。。ありがたいことです。感謝感謝

米田と書いてマイタと読みます。

当社施工部の米田(まいた)くん。

若干24歳にして2児の父。

若い頃より当社に入社をして頑張っている子です。

 

「 世間は狭い 」と良く言いますが・・・。

これは本当です。

 

このマイタ君。

お母さんが中学校の先生をされておりまして・・・。

 

なんと偶然にも、

長女と、長男の2人が、

マイタ先生に教えていただいていたのです。<(_ _)>

 

まさか、マイタが、

長女、長男の恩師の御子息であることなど

知らずに、

私は来る日も来る日もマイタには厳しく接してきました。

 

この事実を知ったのは、

ここ最近のことです。^^;

 

もっと早く知っていたら・・・^^;

 

さて、そんなマイタくん。

 

若くして所帯を持ったこともあったのかも知れません。

 

奥さんがモデルのように美人さんであるからかも

知れません。

 

お母様の教育が良かったのかもしれません。

 

とにかく、彼の力量は当社でぐんぐんと伸びて、

気が付けば、それなりの役職を

若干24歳にして任せることが出来る人材に成長しました。

 

はじめて会った時は、

正直、この子大丈夫かなぁ?って思って

おりましたが、

とにかく「 素直 」だなぁというのが、初対面の時からの

印象でした。

 

「 若さを活かす時に必要なことは、

  素直さと、貪欲さ・・・。   」

 

マイタくんは、その2つを兼ね備えており、

彼なりに一生懸命に、誠実に

お客様に、仕事に向き合ってきた

結果であり、彼自身の努力の賜物なのです。

 

急成長は、米田くんの努力でした。

 

そうして今や、

当社の大きな戦力として全国各地の

お客様邸へ、

当社の看板社員の一人とし、

お伺いをしているのです。

 

そんな米田くんから届きました

本日の施工画像をご案内します。<(_ _)>

 

一条工務店 i-smartのお客様邸にて。

施工前、施工はナノピークス完了後です。

 

f:id:morinosizukuceo:20170416195810j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170416195832j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170416195856j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170416195901j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170416195916j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170416195921j:plain

 

さて、米田くんから届きましたこの画像。

 

場所は、山口県岩国市です。

 

f:id:morinosizukuceo:20170416200142j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170416200147j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170416200153j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170416200201j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170416200204j:plain

 

錦帯橋の画像もおまけで送信してくれました。

 

日本三名橋日本三大奇橋に数えられている木造のアーチ橋。

 

出張ご苦労様<(_ _)>。。。

 

明日、米田くんは、九州のお客様邸へお伺いをします。

 

 

久永

 

 

胃カメラついに判明。「十二指腸潰瘍」

桜の花がきれいに咲き誇っておりました中、

わたしは、胃痛と格闘しておりました。^^;

 

f:id:morinosizukuceo:20170413152520j:plain

 

季節の移ろいの中、

寝ても覚めても胃が痛くて、

悶々としておりました。

 

胃カメラの検査は昨年末に実施をして、

結果はなんともありませんでした。

 

が、その後どんどん胃が痛くなってきてしまい。

 

周辺の者は、

本当に具合が悪いと、

人は痩せてしまうから、

大丈夫でしょっ・・・。

 

確かに、痩せるどころか、

体重は、増え続けているのが救いでした。

 

それにしても、これまで経験したことの無い、

胃痛が日夜しており、

胃を抑えるのが癖になっておりました。

 

そして昨日胃カメラ検査を再び実施。

 

結果、

十二指腸に潰瘍が5箇所ほどある

ことが判明。

 

担当医師の話しによれば、

潰瘍は、口内炎のようなもの。

それが5箇所あるから

なかなかの痛みですよね~。^^;

 

なるほど。

痛みの理由がわかって

スッキリ。

 

と言うことで、

昨晩から投薬スタートしました。

 

不思議なもので、

原因がわかったらもう、

治ったような気分でおります。

 

さて、

我が家のマッキー君。

 

只今、長男の一人暮らし先に

ホームステイ中。

 

長男が一人暮らしをしている

賃貸物件は、ペット可。

 

長男から送られてきた画像を

見たら、ちょっと安心しました。

マッキー寛いでいる感じ。

 

f:id:morinosizukuceo:20170413154313j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170413154318j:plain

 

身体に気をつけて、

いこうと思います。

 

いい加減にちょっと痩せないといけませんし・・・。

 

くわばらくわばら。

 

 

久永武士

 

 

保証最後のserviceとは。

当社の保証は、

基本的にご契約者様とそのご家族様

を対象としております。

そのため、当社施工済みご物件を

ご売却いただきますと、

保証はそこで終わってしまいます。

誠に恐れ入りますが、

次、ご購入者様への保証継承はできません。

 

ただ、保証の最後に

とびっきりのサービスを

実施させていただきます。

 

最後の保証を心を込めて実施させていただき、

終了とさせていただくわけです。

 

そんなケースが本日ございました。

 

3年ほど前に当社で施工を実施いただきました

お客様が、新たにご物件をご購入をされ、

当社施工ご物件を売却にだされる運びと。

 

さて、最後の保証とは。

 

「 荷物がすべて出た段階で、

  不動産会社様お立会いのもと、

  全面補修と、

  全面再コーティングを実施します。 」

 

これが、保証内最後のサービスです。

 

つまり、より最高の形で

ご売却をしていただけるように、

当社のフロアコーティングで

守りきれなかった<(_ _)>

傷等を可能な限り綺麗に修復をすることが、

当社最後の役目となります。

 

本日、最後の保証を実施させていただきました。

 

埼玉県越谷市のマンションお客様邸。

 

まずは、汚れや生活傷を徹底的に除去。

場所によっては塗膜をペーパーで均していきます。

f:id:morinosizukuceo:20170410155404j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170410155409j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170410155411j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170410155414j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170410155420j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170410155423j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170410155426j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170410155429j:plain

 

傷補修と塗膜の均しを終了し、

下処理を終えた段階が下の一枚です。↓

f:id:morinosizukuceo:20170410155431j:plain

 

ここからが、

再コート後の画像です。

ナノピークスを施工させていただきました。

f:id:morinosizukuceo:20170410155438j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170410155441j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170410155444j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170410155447j:plain

 

無事に、不動産会社ご担当者様へお引渡しを

させていただきました。

 

また、当該ご物件のお客様は、

ご新居も当社にて施工を

実施させていただきました。<(_ _)>

 

今後とも、末永く、

よろしくお願い申し上げます。

 

ありがとうございました。

 

久永武士