フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

フロアコーティングショールームにおります。

ショールーム本日最後のお客様も

ご帰宅をされました。

f:id:morinosizukuceo:20140524190540j:plain

気が付けば私ひとり。

節電、無駄な電気を落として・・・。

 

本日のメールチェックも終わり、

気が付くと足元に、このようなものが。 ↓

f:id:morinosizukuceo:20140524190427j:plain

何でこんなものが、ショールームにあるんだ。

とりあえず、無視!

 

ショールームの一番奥の倉庫部分に

フローリングが積まれておりました。

f:id:morinosizukuceo:20140524190636j:plain

これは既にナノピークスが施工されている状態です。

「 某工務店様 」との記載が・・・。

 

それにしても、遮音床(人が歩くと沈む床のことです。)は、

こんなにスポンジのような緩衝クッション

がついているんですよ。

これは、EIDAIの床材ですね。

f:id:morinosizukuceo:20140524190626j:plain

現場施工時(フロアコーティング)に、

このクッションがサネ部分(継ぎ目)から

ニョロンと飛び出しているケースがたまにあります。

 

たまにと言うか、良くあるのですが、

このニョロン度合がよろしくなくて、

コーティング時には気が付かない細かい繊維なのです。

 

やっかいなことに、硬化後にみると、

とても下品な毛に変異するのです。

( まるで毛のように・・・。 )

 

お客様から「 毛が固まってます。 」

ってお電話でお叱りを受けて、

いざ出動!

 

お伺いをしたら、ええっ!!!

何ですかこれは・・・。

フローリングの継ぎ目から

何か生えていますね。

 

お客様「 あなたたちの毛でしょっ! 」

 

このフローリングが販売され、初めての時は

スタッフ一同驚いたものです。

 

今では、そのようなケース時には、

言い訳と誤解を受けてしまうため、

その毛をカット!

 

即カット!

 

もう、イチ、ニィ、3秒以内の作業です。

 

パーチクルボードの上にあらかじめ緩衝剤を敷設して

頂けたら、私たちも誤解を抱かれずに済むのですが・・。

 

そこで工事屋さんにお願いします。

床貼りの時に、サネをしっかりかませてください。

 

クッションを挟まないでください。

 

毛をかまないでください。

 

よろしくお願いします。

 

 

・・・話しは変わりますが、今度

金峰山(きんぷさん、きんぽうさん)

に登ります。

金峰山山梨県甲府市

長野県南佐久郡川上村の

境界にある標高2,599 mの山です。

 

山梨県と長野県では、読み方が違う山の

ようです。

金峰山を選んだのは、

保育園の年長の双子を富士山に登らせるための

トレーニングとしてベストだからです。

 

まず、標高がなかなか丁度良い。

高山病のチェックも兼ねることが

できるし、

子供の足で、往復7時間を想定できる。

 

 

但し、いつ行けるかが一番の問題なのです。