フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

フロアコーティング アーネストワン

本日の施工現場にアーネストワンさんの

ご物件がありました。

 

フローリングはオリエント社の

ポルカフロアだったようです。

 

施工内容はナノピークス。

施工後の画像です。↓

f:id:morinosizukuceo:20140627010151j:plain

アーネストワンさんのご物件で当社は

先日床を傷めてしまう事故がありました。

 

その時は、大建工業:サンロードアート。

これまでにサンロードアートは出来ますと

言うところまで

施工方法を極めたと思っていた矢先のことでした。

f:id:morinosizukuceo:20140515130933j:plain

結局机上のテストと現場では大きな開きがあります。

サンロードアートでもできるコーティングはあります。

しかし、それは

間違いなく、水性フロアコーティングです。

 

当社では耐久性能に乏しく扱っていない

フロアコーティング剤となります。

 

そこで、技術面を高めて、サンロードアートに

施工を実施させていただくように努め、

色々と時間を掛けてテストをし、

施工をさせて頂いた最初の現場で床材が

プニャプニャに・・・。

f:id:morinosizukuceo:20140515113356j:plain

コーティングを施工する前の下処理段階でのこと。

 

IPAで脱脂作業をしただけでプニャプニャに。

これではコーティングを施工できません。

 

そのため、大建工業のサンロードアート、

グラフィアートの施工はただいまお蔵入り。

 

お客様に多大なご迷惑をお掛けしてしまいますため、

サンロードアートにフロアコーティングは

施工できません。

 

多くの会社様が施工可能としておりますが、

施工可能な理由は、コーティング剤が水性だから。

 

そんなワックスのようなコーティングをしても、

当社で保証が出せません。

 

お客様の利益が無い以上、潔く施工を中止します。

 

当社の力不足です。

 

今回のアーネストワンさんのご物件のお客様には、

お引越しを延期していただき、

アーネストワンさんに床の張替工事を

実施して貰いました。

お客様が引越が出来るまでの住居費、

床張替工事代金すべてを当社にて

負担させていただきました。

 

しかし、こんなこと言うとまた叩かれますが、

当社でこれだけ段取りを踏んで施工して駄目なら

もう無理だろっ。と思うのです。

フロアコーティングを無理してやることは、

施工する会社さんもお客様にも利益になりません。

 

床張替工事期間中、お客様には多大なご迷惑を

お掛けしてしまいましたこと、

心よりお詫び申し上げます。

 

ただ、

床材がサンロードアートのお客様は、

本当に気を付けてください。

 

リスキーです。

 

ビールをこぼしても危険です。

 

今回、すべての責めを当社が負う形で

お客様にはご理解をいただきましたが、

その後にもアーネストワンさんのご物件は

多数ございます。

 

飯田産業グロープ全てを考えますと、

その数は相当なものですし・・・。

 

本日、アーネストワンさんのご物件で施工

がございましたが、

とても綺麗な施工ができました。

 

アーネストワンさんと聞くと社内でも

床材情報収集に神経を使います。

 

ひとこと言わせていただけば、

なぜこんなに弱い床材を創出し、

販売し続けているのか・・・。

理解に苦しむところです。