フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

余裕

フロアコーティング森のしずく

の業務部は本日定休日です。

f:id:morinosizukuceo:20140516175533p:plain

施工部は施工へとお伺いをしておりますが、

業務部がお休みのため、

社内は閑散としております。

 

定休日ではありますが、出社をして

午前中から今まで社内の整理を

ひとり行っておりました。

 

整理するには膨大な資材や書類の山。

結局H1800W1500の棚を3つ新たに購入しました。

 

一息入れようと下記の本を読み始めましたが、

f:id:morinosizukuceo:20140826155152p:plain

ブログを書こうと机に・・・。

 

板倉雄一郎氏の「 社長失格 」を

過去に読んだことがあったため、

購入してしまいました。

 

社長復活の冒頭に「売名行為」について

下記の内容が

東日本大震災後の4月1日、歌手の杉良太郎氏が

トラックを何台も連ねて

大量の支援物資を被災地に届け、

数千食分の炊き出しを行ったというニュース。

 

その中で売名行為ではないかと

聞いたアホな記者に対して、

杉良太郎氏は次のように答えた。

「 ああ、偽善で売名ですよ。

  偽善のために今まで数十億を自腹で

  使ってきたんです。私のことを

  そういうふうにおっしゃる方々も

  ぜひ自腹で数十億出して名前を

  売ったらいいですよ。       」

 

この「 社長復活 」は、

こんな一節で始まる本です。

 

杉良太郎氏は好きではありませんが、

かっこいいと私も感じます。

 

似非ヒューマニズムでも、

きっかけは何であっても、

ボランティア等に参加することが

できる人は尊いです。

 

自身を省みずに、失礼なことを言った

記者なんかはどうでしょう。

会社での評価はどうでしょうか。

 

他人の行為を断定的に申すところに

何か利益があるのか。

 

人を傷つけて、落とし入れる発想は、

不愉快でしかありません。

 

まさに独善的です。

お金のために働くのは確かですが、

もっと違うことに目を向ける

余裕が欲しいものです。

 

そんな心の余裕がある人が

結果的に大きな対価を得ているだけ

のことだと感じます。

 

仕事でも同じです。

 

限られた時間の中、

余裕を持って仕事に取り組む者は、

普通以上の成果を結果的に生んでいます。

 

だから評価されるのです。

 

心に余裕を持たなくてはですね。

 

f:id:morinosizukuceo:20130622110310j:plain