フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

マンションオプション工事無駄に高い理由。

「マンションオプションフロアコーティング」

や、マンション購入時のオプション工事に

関しまして、説明をさせていただきます。

 

例えば、住友シスコーンさんのような場合を

除いては、オプション工事は全て外部業者が

担当します。

 

そもそも、マンション建物自体も

デベロッパーの下請建設工事会社である場合が

殆んどなのです。

 

オプション工事とは。

例えば、カップボードの取り付けや、パネル交換や、

エコカラット(森のしずくでも実施しておりますが。)

などがありますが、これらは躯体や設備と密接な関係が

あるため、工事に際しましては、工事を担当した

デベロッパー様経由で実施されることが

一番スムーズに運ぶでしょう。

 

しかし、後付の商品の中で次に挙げるものについては

ちょっと違います。

例えば、窓ガラスフィルムや

フロアコーティング等の各種コーティング。

これらをオプション工事で実施するメリットは

お引渡し時に完成している他はありません。

そもそもこのようなオプション工事を担当する業者は

孫請けです。

 

良くて孫請けなのです。

 

最初に存在するのが、デベロッパーの下に入った

オプション会社です。

 

デベロッパーさんに最初に営業をした会社です。

そして手数料と言う名目で看板借用料を

がっぽりデベロッパー様に

お支払をすることと引き換えに、

オプション工事をすべて任された会社ですね。

 

繰り返しとなりますが、

デベロッパーから最初に仕事を取りつけた会社が

オプション会社です。

オプション会社は既に外部業者となります。

責任はデベロッパーさんは実は持ちません。

すべて、オプション会社に負担させます。

まあ、これは当然のことですが・・・。

 

このデベロッパーの下請オプション会社に対しまして

各工事会社が営業を掛けて仕事をいただくのです。

オプション会社の条件を吞んで契約を取りつけた

会社が、多くのマンションでオプションの

フロアコーティング等の工事をしているわけですが、

この時点での会社は孫請けです。

 

デベロッパーの専属の会社だと思われておりますが、

単独ではあまり仕事を獲得しない孫請け業者を数社束ねて

いるのが、デベロッパーさんの下請会社である

オプション会社なのです。

 

それゆえ、品質は良くありません。

断言できます。

良い商品を使えるワケが無いのです。

ワケと言うより余地がありません。

 

お客様お支払価格を100%とし。

 

デベロッパー50%。

オプション会社50%。

オプション会社はその50%で利益を

ださなくてないけません。

 

オプション会社さんは大変なのです。

手持ちの50%から工事を発注しなくては

いけないからです。

 

そのため、実際に施工をする工事会社へは、

お客様価格からデベロッパー様への

バックマージンを50%をマイナスした、

オプション会社様価格の30%

で発注をするのです。

 

オプション会社より受注をした

孫請け以下の末端となる工事会社は

大変です。

 

余裕ゼロだからです。

 

仮にフロアコーティング施工代金。

お客様価格が60万円だったとしても、

実際の施工会社は9万円となります。

 

そもそも高いとされるオプション工事で

あってもフロアだけで60万円は高すぎます。

 

だから、通常3LDK全面施工で

30万円程度が相場となります。

 

そこで現実価格をご案内。 

お客様価格30万円もする一見、

高価なフロアコーティングですが。

 

ここで注意をしたいのが、

上代の30%発注ではありません。

15万円の30%なので、4万5千円・・・・。

 

ワォッ・・・。

3LDK全面施工で4万5千円の

フロアコーティング。

ワックスと大差ない金額です。

 

当社の施工価格の4分の1にも満たない金額です。

オプション会社の取り分は10万5千円です。

材料費が掛からないので余裕ですね。

 

とにかく大変なのは、オプション会社から

仕事をいただいている工事会社です。

ご入居前に工事が出来るため、

夜中も仕事をされます。

 

数をこなします。

同じマンションで一人3部屋が

通常ノルマ。4万5千円×3件で、

13万5千円。

 

仕事も粗くなってしまいます。

 

こんな環境下で施工を任されている

作業員は気の毒です。

徐々にやっつけ仕事となってしまうのです。

 

そして何より一番にお客様が気の毒です。

 

オプション工事の保証年数が低い理由は、

このようなところにもあるのです。

 

良いコーティング剤が使えない。

 

私が遠い昔に、下請をやめた事由でも

ありますが、今も変わらぬ現状・・・。

 

オプション工事が無駄に高い理由。

高い金額と品質と仕上がりとのギャップ。

 

すべては仕組みが悪いのです。

 

デベロッパーさんの一人勝ちです。