フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

保証があるから高いは間違い。

森のしずくは基本的に保証を

金額に反映させておりません。

f:id:morinosizukuceo:20140912131707j:plain

金額に反映させる最大のものは。

商品の品質。

技術料。

施工に掛かる諸経費。

これは、下処理にかかる副材費。

f:id:morinosizukuceo:20130525141948j:plain

そして、最後に残るのが、

会社としての運営費。

運営費から色々と引かれて、最終利益。

f:id:morinosizukuceo:20140901095945j:plain

最近保証年数によって、金額が違う会社もありますが、

これには正直違和感を感じます。

家電商品のように、部品が壊れたら交換したり、

修理できる商品とは性質を異にします。 

同じコーティング剤を塗布しているのに、保証年数の差によって

金額が違うなら、絶対に安い方が良いのです。

見かけの保証年数はおいておいても、商品は変わらないわけですから。

逆に申しますと、その商品は保証年数が低い方、

仮に10年保証の場合だったら、その程度しかもたない

フロアコーティングであるのでは。

逆説的な疑問を持ってしまいます。

f:id:morinosizukuceo:20140804134949j:plain

他社の批判は置いておき、

金額に保証分を上乗せするなんてこと、考えたことも

ありませんでした。

f:id:morinosizukuceo:20140824183939j:plain

品質がよければ、おのずと保証も出せる。

それが自然なかたちですし、

間違いがありません。

このように、保証はどこか後から付いてくる

ものであります。

まずは、品質が大切です。

保証を売りにしているワケではありません。

何が売りって聞かれますと、

商品の品質と、

完全自社施工による品質管理でしょうか。