フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

間違いだらけのフロアコーティング。

フロアコーティングで良くある、

間違い、誤解、勘違い。

 

その多くは、ネット上の誤った情報

に起因しておりますが。

 

そんなフロアコーティングの

ウソとホントウを・・・。

 

良くあるケース。

①フロアコーティングをすると傷がつかない。 

 例えば、キャスター付の椅子でも問題ない。

 A.ウソです。

  ばっちり傷つきます。荷重による凹みは

  フローリングの硬さに左右されます。材自体

②ガラスフロアコーティングは滑らない。

 A.ウソです。 滑ります。滑るというか、

  塗膜が非常に薄いため、

  未施工より若干滑り難いのですが、

  滑らないとは言えません。

  それを言うなら、むしろ滑ります。が正解。

③水性フロアコーティング剤は剥がせる

 から安全です。

 A.ウソです。 水性でもしっかりした

 フロアコーティングは剥がせません。

 経年後に剥がせることを売りにしている

 場合は、それはただのワックスです。

 この手法は多く、偽善的で悪質さを

 感じます。ワックスなら

 ハウスクリーニング業社様へ依頼しましょう。

 3LDKのマンション全面最高クラスのワックスで 

 3万円から4万円で2層塗ってくれるでしょう。

 ワックスをコーティングと偽る業者の特徴は

 2層仕上げとか言って、重ね塗りをします。

 普通フロアコーティングは重ね塗りしません。

 というよりできません。

 ここでいう高級ワックスは、

 リンレイのR-1(パーモ)

 ジョンソンディバーシーのステータスとかです。

 ハイテクフローリングコートは

 廉価商品のため、もっと安価です。

④相場より高い会社は高品質。

 A.ウソです。

  相場より5万円以内の価格差が

  通常です。どんなに良いコーティング剤でも

  相場の5万円を超えてしまうほど良い

  フロアコーティング剤はこの世にありません。

  また、相場より安い場合は、

  その会社の最大の努力で相場より5万円ほどは

  安くできるでしょう。

  本来安く出来る会社は人気がある会社で

  あるはずですが、この業界は

  ちょっと嫌味なところがあり、

  人気のある会社はどんどん価格を

  高めていく傾向があります。

  逆に相場より5万円以上安い会社は

  気を付けましょう。

  下手したら、ワックス仕上げの可能性も

  あるのです。

 

ゆはかのこ森のしずく代表