フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

フロアコーティングクレーム要因

フロアコーティング施工時、

施工後、経年後におけます

お客様のご指摘要因につきまして。

f:id:morinosizukuceo:20140912131707j:plain

まずは、施工時。

お伺い時を見てみます。

よくあるパターンが勝手な行動。

勝手なと言うより、身勝手な行動です。

お客様邸の駐車場に勝手に駐車してしまうこと。

当たり前ですが、当社では厳禁です。

もう、仕事以前の問題。

f:id:morinosizukuceo:20140615132037j:plain

お客様がすすめてくださった時にのみ、状況をみて、

お借りさせていただきます。

しかし、基本的には近隣コインパーキングが原則なのです。

 

f:id:morinosizukuceo:20140516175533p:plain

 

作業時に大切にしていること。

とにかく目線を落とすこと。

膝をついて、しっかりと手作業で、

床材一枚一枚を下処理していくこと。

f:id:morinosizukuceo:20140705222850j:plain

さらに現場環境の管理の徹底も森のしずくでは

徹底して実施しております。

湿度や温度はフロアコーティング施工時に

とても重要です。

ここを度外視した会社が多いのですが、

施工不良の要因として、クレーム率を高めて

しまいます。

f:id:morinosizukuceo:20140423113608j:plain

そこで問題となるのが、

湿度や温度管理を適切に実施できる技術と

施工スタッフの技量の有無があげられます。

最近急に寒くなりましたが、

フロアコーティング剤は暑い夏と、秋、冬、春とで

同じで良いのか。

良いワケありません。

当社が自社施工にこだわる理由のひとつであり、

ここを理解していないと、

とても残念な結果に施工後、

経年後に見舞われてしまうのです。

それは悲惨なことです。

f:id:morinosizukuceo:20140705223933j:plain

どんなに細部でも手を抜くことは命取り。

階段部こそ、狭小部のため、隅々まで、

徹底的な下処理が求められますが、

ここを省く会社が非常に多い。

施工後の不具合を階段の材質によるところとの

苦しい説明がされてしまうことがとても多いのです。

フローリングではないので・・・〇△▢。

もちろん言い訳です。だったら実施しては

いけません。

f:id:morinosizukuceo:20140515130933j:plain

下処理を蔑にすることなく、徹底的に進めて行くと、

思わぬ不具合を発見することも多くあります。

上図はシートフローリングにシワが入っている状態です。

f:id:morinosizukuceo:20140516175533p:plain

f:id:morinosizukuceo:20140529144801j:plain

こちらは、内覧会後、お引渡し後にもかかわらず、

床材がこんなにも欠損しております。

f:id:morinosizukuceo:20140529152930j:plain

こちらも引渡し時からの傷です。

このような傷を発見した場合、

直ちにお客様へご連絡。

そして、当社で確かな補修を実施して施工を

させていただきます。

このような傷をそのまま施工する会社が

ほとんどですが、

そんなこと、ありえませんね。

f:id:morinosizukuceo:20140915211005j:plain

 

施工後、経年後の不良について。

 

 

f:id:morinosizukuceo:20140824183939j:plain

近年の床材の約7割がシート式フローリングです。

その中でも、遮音性の高いフローリングの場合、

めちゃくちゃしなります。

柔軟性が非常に高いのです。

人が歩くと遠目でフローリングが沈む床のことです。

そこで問題が・・・。

 

フロアコーティング剤は

基本的に塗材メーカーが製造しています。

私どものようなコーティング会社などで

製造できる代物では無いのですね。

なのに、

さも自社工場があるかの

会社もあったり・・・。

まぁそれは愛嬌として。

 

メーカーは新しい床材を常に研究をし、

当然に床材の伸縮や柔軟性に呼応する

コーティング剤を新商品として

業者へ提供しております。

しかし実際に最新版の

コーティング剤を使用している会社は

一握りである事実。

新商品はやはりコストがかかるのです。

その意味で、安いフロアコーティングは

リスクしかないのです。

f:id:morinosizukuceo:20140824183901j:plain

廉価版、安いフロアコーティングは

経年後割れます。

絶対に割れます。

早ければ、数か月でその脆さは露呈します。

f:id:morinosizukuceo:20140516175533p:plain

f:id:morinosizukuceo:20130525141948j:plain

どこに重きを置くか・・・。

品質・技術か。

価格か。

f:id:morinosizukuceo:20140406143950j:plain

優れた性能か。

f:id:morinosizukuceo:20140711185429j:plain

見ためか。

f:id:morinosizukuceo:20140517141346j:plain

見ためは一体いつまで続くか。

f:id:morinosizukuceo:20140430154325j:plain

劣化スピードをしっかりと把握されているか。

f:id:morinosizukuceo:20140331224133j:plain

施工時はどこのフロアコーティングも

キレイであることは当たり前なのだ。

f:id:morinosizukuceo:20140616025436j:plain

はじめにいくら綺麗でも、

必ず訪れる残念な状態・・・。

必ずやってくる事実。

f:id:morinosizukuceo:20140616025424j:plain

保証はあるか。

一体何を保証してくれると言っているのか。

そこに蓋をして、やってしまって良いのか。

いっそフロアコーティングなんか

やらないでおくとの選択肢はないのか。

f:id:morinosizukuceo:20140621030422j:plain

フロアコーティングで何もしなくても

30年キレイを持続するコーティングなんか

無いという事実。

なのになぜ30年保証を出しているのか。

f:id:morinosizukuceo:20140616025451j:plain

その根拠と実績に信憑性はあるか。

f:id:morinosizukuceo:20140412163613j:plain

フロアコーティングには限界がある。

だから、保証を充実させて

カバーする必要があるのです。

しかし、保証内で補修やリコートを

本当にやってくれる会社はあるだろうか。

f:id:morinosizukuceo:20140615141902j:plain

もっともっと前のめりに

なって、聞いて疑問を解決しなくては・・・。

そもそもコーティング以前に、

会社は本当にしっかりとした運営がされているか。

f:id:morinosizukuceo:20140517141416j:plain

再コートってどうやってやるのだろうか。

もう生活が始まっている中、

暮らしの中でどうやってフロアコーティング後の

再施工や補修は行われるのか。

f:id:morinosizukuceo:20131225115022j:plain

本当に技術があるのか。

そのために研究とか、

テストをしっかりと実施しているのか。

f:id:morinosizukuceo:20140510172544j:plain

床材だって、恐ろしいほどの種類がある中で、

どんなフローリングにもできるのか。

実施して問題はないのだろうか。

f:id:morinosizukuceo:20140508142920j:plain

失敗をしたことがある会社か。

失敗や怖さをちゃんと熟知している会社だろうか。

f:id:morinosizukuceo:20140504130428j:plain

そんな疑問をひとつひとつクリアした上で、

はじめてホンモノと出会うことができる。

フロアコーティングとは残念ながら、

そんな世界です。

f:id:morinosizukuceo:20140325042956j:plain

 

ゆはかのこ森のしずく代表