フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

フロアコーティング保証は有償か。実際無しか。

いつも言っていること。

f:id:morinosizukuceo:20140616025424j:plain

フロアコーティングは

施工時が一番きれいな状態。

ピークは引渡し時であること。

f:id:morinosizukuceo:20130525141948j:plain

こんなこと、フロアコーティングを

施工している者ならば、

誰でもわかっていることです。

f:id:morinosizukuceo:20140912131707j:plain

フロアコーティングは室内に施工を

する塗料であるため、

ただ傷や耐久性を強くするといった、

安直な思考は、健康への安全面で

絶対に避けなくてはならない。

f:id:morinosizukuceo:20140909135210j:plain

     身体に悪いのだ。

これらを勘案すると、

やはり限界はおおよそ想像がついてしまうのが、

フロアコーティングなのだ。

f:id:morinosizukuceo:20140406143950j:plain

そもそもそのようなフロアコーティングが

30年間通常の生活に耐えられるのだろうか。

f:id:morinosizukuceo:20140730162311j:plain

当然難しい。

f:id:morinosizukuceo:20140629160519j:plain

では、なぜ森のしずくは30年の保証を実践して

いるのか。

その答えこそ上記の通り、

「 フロアコーティングには限界があるから 」

だ。限界をカバーする必要性があるから・・・。

 

f:id:morinosizukuceo:20140516175533p:plain

 

そもそも建材の設計耐用年数はおよそ20年。

何もしなくても、20年程度は持ちますとの

メーカー設計がある。

f:id:morinosizukuceo:20140524190636j:plain

20年耐久商品にフロアコーティングを施工して、

20年保証を付けても、お客様のメリットはゼロ。

f:id:morinosizukuceo:20140510172544j:plain

少なくとも、10年は付加価値を・・・。

そのような考えでの30年保証となるのです。

f:id:morinosizukuceo:20140508142836j:plain

ただし、30年間とは、

実に長い。

その間に傷は無数についていく。

f:id:morinosizukuceo:20140529144801j:plain

それらを放置しておいて、

30年もの間持つことはありません。きれいな状態では。

f:id:morinosizukuceo:20140515130933j:plain

フロアコーティングを施工しただけで、

なんらメンテナンスもしないならば、

20年間も危ういと考えています。

f:id:morinosizukuceo:20131105092215j:plain

状況に応じて、適宜適切な処置、補修は必携なのだ。

だから、無償対応の保証が必要なのだ。

f:id:morinosizukuceo:20140227155955j:plain

本当の責任施工であったり、

高品質や技術を保持しているならば、

当然にこだわっていかなくてはならないところ。

f:id:morinosizukuceo:20131225114537j:plain

この業界は、飽和状態ともいえる中、

安直に施工数のみを増やすことばかりに

躍起になっている会社が多い。

このことはそう遠くない将来に、業界の不利益となってしまう。

売りにのみ力を入れることを、危惧しています。

f:id:morinosizukuceo:20131225115022j:plain

大工さんのような、職人さんとは大きく性質を異にした

世界である中、

施工をした現場を恒常的に責任を持つことが

求められます。

 

施工会社がそのスタンスに立った時、

はじめてお客様に、真のメリットがうまれる。

 

真のフロアコーティングとはそういうものです。