フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

フロアコーティング会社代表として感謝。

f:id:morinosizukuceo:20090320175113j:plain

f:id:morinosizukuceo:20140912131707j:plain

私は、恰好つける訳ではなく、

施工会社の代表として、

すべての場面を熟知し

トップランナーでありたいと

思っております。つまり、

代表者が現場を知らない

ことがあってはならないと。

f:id:morinosizukuceo:20131105092215j:plain

これは、商品を販売する営業の場面、

営業スタッフにも言えることです。

当社は恥ずかしながら所謂

営業マンが存在しないのが現状です。

皆が施工スタッフです。

この皆の中に私も入っている、

そんな会社です。

f:id:morinosizukuceo:20141117032258j:plain

とはいえ、さすがに現場にお伺いする機会は

最近めっきり減りました。

現場を本当の意味で任せられるようになった。

スタッフがしっかりと育ってきた。

そんな理由とは別に、

仕事量が爆発的に増えて業務全般や他の業務も

必然的に増えており、

現場に行きたくても行けないのが正直なところ。

f:id:morinosizukuceo:20141001005200j:plain

それでも、現場は好きです。

皆で一緒に施工をし、ベストな納品が

出来た時の感覚を共有する瞬間が好きです。

昨日は久しぶりに現場へお伺いをしました。

若いスタッフも私が知らぬ間に仕事を

しっかりと憶えて、無駄なく動いておりました。

私のようなおじさんにしんどい思いをさせじと

頑張ってくれる姿がありました。

f:id:morinosizukuceo:20140912131707j:plain

もはや、森のしずく施工部には私を遥かに超えた

スタッフがおります。

私たちにとりましては、日々が施工ですが、

お客様におかれましては、一生に一度かのこと。

 

久々に現場にお伺いし、

多くのお客様に改めまして感謝の念で一杯

となりました。また、施工スタッフも

日々過酷な仕事を熟し、何事もないかの如く

いてくれていることに感謝せざるを得ない。

そんな気持ちになりました。

f:id:morinosizukuceo:20141205191750j:plain