読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

フロアコーティングデメリット

フロアコーティングは高額で

あるため、

良し悪しをしっかりと見極める

必要があります。

f:id:morinosizukuceo:20150112124603j:plain

当社でも施工の要否につきまして、

最大限お客様の視点より

ご案内をさせていただくように、

気を付けて参ります。

f:id:morinosizukuceo:20141205191750j:plain

さて、フロアコーティングのデメリットとは、

何でしょうか。

f:id:morinosizukuceo:20141219142819j:plain

それは、お客様が想像していたものと、

完成したフロアコーティングとの様々な差異です。

キズが付きにくいと言われたから実施したのに、

実際はキズがつくと事実。

f:id:morinosizukuceo:20131225114537j:plain

キズの付き具合につきましては、

どれだけ謳われていても、正直につきます。

それは既存の床材に左右されるところが大きくあります。

もう一つのデメリットは、

質感が違ってしまうことです。

基本的には人の体が慣れて違和感はなくなりますが、

やはり質感は各コーティングの種類によって大きく違うのです。

また、ガラスフロアコーティングは滑らない。

f:id:morinosizukuceo:20141222145723j:plain

と多くのネット情報がありますが、

フロアコーティングの中でも、

結構滑るとの認識が今や常識です。

f:id:morinosizukuceo:20141205191750j:plain

デメリットとメリットは

多くの場合が、表裏一体です。

お客様のご要望により、

デメリットであったり、

逆にメリットであったりします。

 

それは、営業トークでは

確かめることはできません。

 

f:id:morinosizukuceo:20141205191750j:plain

 

ずばりその目で、

その手で、

その足で

確かめることしかありません。

 

フロアコーティングのデメリットは、

往々にしてお客様のご期待と

ご要望と、現実の乖離にあります。

 

フロアコーティングショールーム

お待ちしております。

 

 

「 nanopeaksの日記 」これは、

当社NO1人気商品紹介のブログです。


nanopeaksの日記