読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

余裕を感じる方。

仕事と言えど、人と人とのお付き合いで

あるため、

どうしても私的な感情を持ってしまうことが

あります。

 

先日、私は、某お客様邸にお伺いをしました。

 

一条工務店のお客様邸です。

 

施工部責任者と一緒に。

 

事由は、「 i - smart はめっちゃ

      仕上がりキレイですよ 」の

責任者の声を確かめたくて・・・。

画像では何度も見たことはありましたが、

実際に施工を確認したくて同行しました。

 

また、i - smartにつきましては、

当社情報の共有ミスの失態もあり、

お客様にご迷惑をお掛けしてしあった経緯も

ありました。

 

とにかく、確かめたいとの思いで伺いました。

 

しかしお伺いした当日にお引渡し!

にもかかわらず、私たちはおはようございますと・・・。

 

しかし、奥様はとてもニコニコされており、

今まさにお引き渡し中であるとこちらが

悟まで、とても良い雰囲気で・・・。

 

引渡し後にいよいよう施工を実施させて

いただきましたが、

事前の説明にて、当社施工部責任者が、

施工範囲のミスを・・・。

追加料金も案内をしてしまう。

慌ててお電話をしたところ、

またも、ニコニコされているご対応を。

 

そして、お引渡し時も・・・。

 

私たちは、お客様に喜ばれるために、

持てる力を最大限発揮することが求められます。

 

と同時に、お客様が気持ちの良い方だと、

より一層パワーをいただく。

 

人間であるため、

人に良くされますと、

少しでも良くしたいと思う。

 

お客様にこのようなことを

求めることは間違っておりますが、

感じの良いお客様は、

施工者の記憶に残り、

その後におけますアフターサービスでも

最良の答えをご提案できるものです。

 

お客様から良い意味での余裕を

感じるとき、私たちは、

おおいなる勉強をさせていただく

瞬間でもあります。

 

なんだか、とても支離滅裂な

内容となってしまいました。