フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

復活への挑戦

フロアコーティング施工後のキズや、

摩耗から、いかにきれいに復活させるか。

 

施工時は、どこでもある程度キレイであるため、

施工後、経年後の傷つき、摩耗した

フローリング(コーティング塗膜)を

いかにきれいにしていけるか。

そこが、本当の技術であると考えております。

当社には、他社様施工済みのご物件からも

多数の補修や、再コートの依頼がございます。

例えば、下図のような状態は、

とても多くみられます。

f:id:morinosizukuceo:20150630150758j:plain

ダイニングテーブル周辺の摩耗と傷。

このような場合、塗膜を一定量均す必要があります。

サンジングをして、キズを補修し、

さらにサンジングをする必要があります。

そうしてコーティングを実施した後の画像が↓ ↓ ↓ です。

f:id:morinosizukuceo:20150630151002j:plain

ちなみに、サンジング直後の画像も下の通りご紹介します。

下図がサンジング直後の画像ですが、

コーティング塗膜のみを均すため、

フローリングを傷つけることはございません。

f:id:morinosizukuceo:20150630151120j:plain

結構な広スパンで当社は補修をしてしまいます。

その方が、平滑となり、また艶感も他と合うのですね。

f:id:morinosizukuceo:20150630151224j:plain

高い補修力とリコートレベルが当社では

最低要件です。

施工後のアフターサービスは、

当社の根幹であり、

最大の営業の場であります。

 

株式会社ゆはかのこ代表