フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

室温30℃湿度30%=ベストコンディション。

温度とフロアコーティング施工について。

室温30℃湿度30%程度が、

ナノピークス及びナノグラスコート30施工には

最良です。

f:id:morinosizukuceo:20150801121428j:plain

しかし30℃の室内作業、実際、施工者はヘロヘロ状態と

なってしまいます。

また、室温が高いと、

コーティング剤の揮発が早く、

技術的にはより難易度を増します。

f:id:morinosizukuceo:20150801121318j:plain

つまり、フロアコーティング施工にベストな環境が、

そのまま施工がやりやすいわけではないのです。

冬季に施工が出来ても、夏季に施工ができない場合は

多くあります。

しかしそれでは、まったくの未熟者です。

f:id:morinosizukuceo:20150801121358j:plain

業界裏話しとして、夏季にクレームが多い会社も多くあるのが

実情だったりするのですが、

当社においてそんなお粗末なことはあってはならず、

その程度の技量スタッフに現場を

任せることはありません。

f:id:morinosizukuceo:20150801121410j:plain

そんなことは絶対にできません。

まだまだ手元として、学んでもらい、やがて自信を持って

最高の仕上がりを実現して貰える日まで

サブで頑張ってもらいます。

f:id:morinosizukuceo:20150801121446j:plain

コーティングは可能な限り一筆書きの状態が

美しい仕上がりとなります。

f:id:morinosizukuceo:20150801121451j:plain

どのような手順で施工を進めるかを、

念入りにシュミレーションをして、

頭に思い描いた段取り通りに

施工ができなくてはいません。

f:id:morinosizukuceo:20150801121505j:plain

だから、施工スタッフも一朝一夕に増やすことができません。

育てるには時間を要してしまいます。

それゆえ、当社は現在ご依頼や、お問い合わせに

対しまして、お断りをさせていただく必要が

生じてしまうこともございます。

鋭意育成をしておりますが、上記事由もあります。

品質維持の観点からのスタンスでございますため、

ご理解を賜れましたら幸甚に存じます。

 

当社は完全自社施工会社です。

 

森のしずく代表