フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

フロアコーティング保証の考え

フロアコーティングの保証につきまして、

私の考えを率直に書かせていただきます。

 

保証に関して語る時に、

まず「 フロアコーティング 」の主たる目的を

明確にする必要があります。

 

f:id:morinosizukuceo:20160510114449j:plain

 

そこでまず目的ですが、

お客様で一番多いのは、「 傷対策として 」です。

次が、「 水拭き等、お掃除が楽になること 」を

求められております。

 

施工後の仕上がりがきれいでピカピカだからを

最初に挙げる方はもはや皆無。

施工後のキレイな状態はむしろ当たり前となったと

言えます。

 

f:id:morinosizukuceo:20160510114449j:plain

 

ほぼすべてのお客様が、

施工後、経年後の状態、維持の側面に

期待をされて「 フロアコーティング 」を

検討されております。

 

そしてそれは、正しい考えです。

 

では、

「 フロアコーティングで傷を防げるか 」ですが、

これはとても重要となります。

 

未施工に比し、一定の傷は防ぐことはできますが、

フロアコーティングをしても傷は付いてしまいます。

 

有体物である以上、仕方がないこと。

そんなことを言ったら怒られてしまうのですが、

残念ながら事実です。

 

f:id:morinosizukuceo:20160510114449j:plain

 

何より、傷がつかないフロアコーティングは存在しません。

どれだけ良いことを謳ってあっても、

ばっちり傷はつきます。 必ず・・・。 m(__)m

 

サンプルを10円玉で擦ってみて、

傷がつかなくても、

実際は、傷は必ずつきます。

 

そしてそのついた傷は、

どこに頼めば直してくれるのか?

 

料金は?

 

そんな部分をしっかりと

検討する必要があります。

 

フロアコーティングで傷を防ぐには、

とにかくコーティング塗膜を硬くする必要があります。

逆に塗膜が硬ければ傷はどんどん付き難くなります。

 

ところが、コーティング塗膜は非常に薄く、

その上で日常生活を送るとなりますと、

硬すぎるコーティングは ⇒⇒⇒ 割れます。

 

割れてしまいますと、基本的に補修は非常に困難となります。

そして、何より割れた箇所が一箇所でありましても、

同日作業で他の床面も実施しているのが通常であります。

 

そのため、たとえ割れた箇所を補修しましても、

他の箇所がいつ割れてもおかしくない・・・まるで

地雷を敷設したような形となっているのです。

 

しかもフロアコーティングは基本的に完全剥離ができません。

結果とし、張替工事も十分考えなくてはいけません。

 

f:id:morinosizukuceo:20160510114449j:plain

 

当社では、過去にフロアコーティング施工後に

コーティング塗膜が割れてしまい、

お客様に多大なご迷惑をお掛けしてしまった事例がございます。

それはそれは、お客様に大変なご迷惑を・・・。

そして床全面張替工事を実施。

最後の最後まで、ご迷惑の掛け通しを

してしまいました。

 

今でもあの時の夢を見るくらい、

あってはならないこととして、

深く胸に刻んでいるところです。

 

しかし最近は、サンプル段階より、

傷がつかないことを売りとし、

またコーティング塗膜の硬度を売りとして

いる会社ばかり・・・。

どこか間違った方向へと向かっている気が

してなりません。

 

そんなコーティングをしたら割れます。

 

さらにいえば、それでも

傷は普通についてしまいますし、

傷補修も困難となりますため、

はっきり言って良いことゼロなのです。

 

f:id:morinosizukuceo:20160510114449j:plain

 

また、床材は、季節変動、温度や湿度で

伸縮や膨張、凝縮等、微細な動きを常にしております。

そのような動きに対して、

硬い塗膜は相反する動きをしてしまい、

割れる懸念は経年後一層高まるのです。

 

コーティング塗膜の硬さは、

一定を超えてしまうと、逆に弱さを露呈します。

 

塗膜の硬度を追求することは、

逆に弱さの追求へと変貌していくわけです。

 

f:id:morinosizukuceo:20160510114449j:plain

 

森のしずくは、硬度を売りにしておりません。

 

床材にしっかりと密着をし続けて、

床材と一緒に動く。

常に一緒に動く一定の弾性力を保持しております。

 

硬さのみを追求することなく、

もっともっと総合的見地より

フロアコーティングを捉えております。

 

フロアコーティングを施工しただけでは、

あらゆる傷に対しまして、

防ぐことは物理的に困難です。

 

f:id:morinosizukuceo:20160510114449j:plain

 

ですから、施工後に補完的に補修、

再コーティングを無料にて

実施させていただく。

 

そんな「 フロアコーティング 」が

私の理想であります。

 

森のしずくは、施工しただけでは

防げない事象を補完的に

無償でお伺いをする

フロアコーティング30年保証を

実践しております。

 

上記、フロアコーティングの考えを

述べさせていただきましたが、

下図は、無償対応補修及び再コート

事例の一部となります。

 

f:id:morinosizukuceo:20131105092215j:plain

f:id:morinosizukuceo:20131225115022j:plain

f:id:morinosizukuceo:20140705222850j:plain

f:id:morinosizukuceo:20140108100716j:plain

f:id:morinosizukuceo:20140126115220j:plain

f:id:morinosizukuceo:20140929141633j:plain

 

株式会社ゆはかのこ代表