フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

フロアコーティングクレームは「他山の石」

社員ブログ

の記事について、ちょっと思うことを・・・。

 

ブログ記事にある通り、

当社には自社の施工を超えて、他社様施工物件の

不具合や、失敗をして、

どうしようもなくなってしまった業者様からの

救援依頼をいただくことが多くあります。

 

そんな時、基本断ることをせず、

困っている業者さん、そしてその先にいらっしゃる

お客様に対しまして、当社のすべてを

出させていただく。

 

それが森のしずくのスタンスです。

 

曲りなりにもフロアコーティングを実施させて

いただき続け、また無償保証内におけます、

補修作業や再コーティングの経験には

自信も保持しており、

施工件数、実績、経験と豊富な会社となりました。

 

決して助けてあげるような考えはありません。

どんなことも、失敗やなぜ?の疑問を解消できた時に

その先の安全と安定を確保できます。

不具合や、いただくクレームに誠実に向き合うことは、

たとえ他社様の事象であっても

自社技術向上の大切な機会なのです。

 

その際に、私を含め、社員一同大切な心得は、

「 対岸の火事 」としてとらえることなく、

自分のことと心得臨むこと。

「 他山の石 」と考えること。

 

また、商売敵などと小さなことを

気にすることなく、

当社の保有する技術は積極的に開示して

不具合の解消にあたること。

 

私はとても大切にしたいと考えております。

 

当社を見ましても、

100%を目指しても、

年間を通じて100%の結果とは

正直いきません。

 

本田宗一郎の言葉を借りますと、

「 不良品の割合が

  1000台に1台しかなかったとしても、

  それをつかまされたお客さんにとっては、

  1台の1台だ。             」

 

万が一、お客様のご期待を裏切ってしまい、

お客様に辛い思いをさせてしまうことが

あるならば、

しっかりと原因を究明し、最良の措置を講じる。

そこに、お客様が少し残してくれていた

僅かなご信頼を大切にして、

誠実にすべてを持ち回復させていただく。

 

誤解を恐れずに申しますと、

これこそ、ひとつの大切な技術だとの

思いがございます。

 

言い訳をし、何かのせいにして、

対応をしない会社様もある中、

当社へお声掛けをいただく業者さん。

 

一緒に悩み、一緒に汗を流し、

お客様に向き合え、最良の結果を

出せたとき。

 

私も社員も皆、

ただただ良かったと思うのです。

 

そして、その思いは普段の自社施工に

すべて活かされていく。

 

そう望み、実践していきたいと

思っております。

 

株式会社ゆはかのこ代表