フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

雨のち晴れ 富士山

 7月9日AM9:30暴風雨。

次男坊と私は、

富士山吉田口スバルライン5合目に

おりました。

あまりの風と雨。

5合目でも既に台風のような

悪天候。

登山を断念して引き返す人が多い中、

引き返す人たちと逆行して

登山を開始しました。

 

これまで何度か富士登山をして

参りましたが、こんな悪天候は

はじめて・・・ (+o+)

 

息子との約束、別日は

互いのスケジュール的にありません。

 

それで、決行!!!

 

6合目まではカラ松の森等、

木々に助けられ、ゆっくりと身体を

慣らしながら進めました。

 

しかし、

6合目から7合目の花小屋までの区間

富士山の厳しさを体感しました。

暴風雨と言うより、

これまで経験したことのない、

風と雨。

身体を起こすと風に持って行かれてしまうほど。

雨は、ヒョウかと思うほど痛い。

身体中をBB弾で連射されているかのよう(@_@)

とにかく、

顔が痛い。

 

f:id:morinosizukuceo:20160709144028j:plain

 

あまりの悪天候に、初日登山中は

写真を撮る余裕がなく

↑ の一枚のみ。

 

7合目の花小屋を過ぎたころに

次男坊が苦しそうに顔を歪めだしました。

 

高山病ではなさそう。

単純に悪天候にやられている様子。

次男坊も中学2年。

少しのことに負けるなと思い、

軽くスルーをして足を進めました。

がっ、やはり辛そうな顔をしており、

7合目トモエ館で休憩を・・・。

次男坊に「 うどん 」を食べさせたところ、

体力が回復。

単に空腹だった様子・・・。

 

トモエ館での休息を終え、

外に出ると、雨、風共にますます力を帯びて

おりました。

「 よしっ! 行くぞ!!! 」

 

暴風雨の中、ようやく本日の宿、 

www.fuji-toyokan.jp

 に到着。

弾丸登山を避け、東洋館さんにお世話に

なりました。

 

富士山の山小屋と言えば、

一つの布団を他人同士で4名や

寝袋の雑魚寝が当たり前ですが、

ここ東洋館は違います。

 

セパレートのお部屋を選べます(^^)

今回は、↓ ↓ ↓ 次男坊と2人こんなスペース

をいただけました。

 

f:id:morinosizukuceo:20160709170118j:plain

赤丸の部分は、コンセントジャックが1つ。

ちゃんとタップを持って行っており、

息子と私、コンセントの取り合いも

ありませんでした。

しかもWi-Fiも使用可能です!!!

荷物置き場もあります。

f:id:morinosizukuceo:20160709170012j:plain

部屋で休憩中も暴風雨の音が

ゴーゴーしており、

ほっと一息。

スマホでゲームをしている息子の横で、

小一時間うとうとしてしまいました。

目を覚まし、次男坊と一緒に

外を見に出て見ると・・・

さっきまでの悪天候は何処へ・・・。

f:id:morinosizukuceo:20160709145244j:plain

 

みるみる明るくなってきました。

 

f:id:morinosizukuceo:20160709160945j:plain

 

登山スタート地点は、

下図赤丸のあたりとなります。

 

f:id:morinosizukuceo:20160709161108j:plain

 

スタート地点は雲に覆われておりますが、

7合目くらいからは、どんどん晴れてきました。

写真で見ると5合目って近く感じますね。

 

そして、夕食。

東洋館は、ハンバーグ。

ライスおかわり自由・・・。

 

f:id:morinosizukuceo:20160709170252j:plain

 

ん~・・・。

これがありがたいのです。

 

さらにありがたいのが、

「 日本一高いところにあるビールサーバー 」

このキャッチフレーズに

 

f:id:morinosizukuceo:20160709170955j:plain

 

吞まずにはおられませんでした(-_-;)

夕食後、外に出るとすっかりと晴れておりました。

 

f:id:morinosizukuceo:20160709183116j:plain

 

さて、部屋に戻り、

次男坊はまたゲームのお時間。

まぁすることないし、こんな時くらい良いか・・・。

 

息子の横で、することが無い私は

様々なことを考えながら・・・うとうと。

気が付けばAM3:00。

 

外に出てみたら、満天の星空。

こんなきれいな星空は・・・。

次男坊を起こしに行こうとしたら、

次男坊も外に出て、星空を眺めておりました。

 

せっかく目が覚めたから、

もう、出発しようっ!

 

そうして、AM3:30に頂上を目指し、

7月10日8合目東洋館から登山開始。

 

f:id:morinosizukuceo:20160710034047j:plain

 

漆黒の闇に次男坊。

頼れるのはヘッドライト。

 

次男坊と懸命に岩崖を登り、

ふと気が付くと、辺りはだいぶ明るくなって

おりました。

 

f:id:morinosizukuceo:20160710034600j:plain

 

んっ、もう少しだね。

 

まもなくの御来光を背に、

登る登る・・・。

 

そして、「 御来光 」

 

f:id:morinosizukuceo:20160710042522j:plain

 

わぉ~。

 

f:id:morinosizukuceo:20160710043144j:plain

 

ありがたや、ありがたや。

 

あっという間に登る太陽。

私たちも登らなぁ~。

 

f:id:morinosizukuceo:20160710052246j:plain

 

明るくなった途端に、自分たちが置かれている場所が

鮮明となり、

高所恐怖症の次男坊のペースが致命的にダウン。

 

 

私も高所恐怖症ではありますが、

次男坊はふざけているのかと思えるほど、

へっぴり腰・・・。

 

f:id:morinosizukuceo:20160710081514j:plain

 

もしかしたら腰が抜けていたのかもしれません。

 

f:id:morinosizukuceo:20160710073925j:plain

 

見上げた空は、普段よりだいぶ近く感じ・・・。

 

f:id:morinosizukuceo:20160710072514j:plain

 

見上げる頂上は、まだまだ遠い。

 

f:id:morinosizukuceo:20160710072511j:plain

 

先を見ずに一歩一歩・・・。

 

f:id:morinosizukuceo:20160710073940j:plain

 

良く晴れたこの日、

多くの人たちが登っておりました。

 

f:id:morinosizukuceo:20160710080222j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160710081519j:plain

 

高度3300メートルくらいから、

登山道で休んでいる人が多くなります。

 

私が思うに、

富士山は決して甘くありません。

しかし、しっかりと余裕を持った計画をすれば、

登れる山だと思います。

 

富士山は寛容です。

 

本格的な登山知識や技術を要する山では

なく、亀のようにゆっくりゆっくり登る

時間的な余裕を確保すれば、達成できる山です。

 

次男坊と私も結構途中で休憩をしました。

そんな時、遠くにスカイツリーが見えました。

 

赤い矢印のところ・・・。

スカイツリーです。

 

富士山からも見えるんですね。

 

f:id:morinosizukuceo:20160710054759j:plain

 

ちょっとカメラを望遠に・・・。

 

f:id:morinosizukuceo:20160710054754j:plain

 

もう少し望遠に・・・。

 

f:id:morinosizukuceo:20160710054916j:plain

 

さらには、みなとみらいのランドマークタワー

 

f:id:morinosizukuceo:20160710062812j:plain

 

ゆっくりと時間を掛けて、

途中山小屋泊もして登り、

ようやく

山頂到着。。。

 

f:id:morinosizukuceo:20160711092308j:plain

 

富士山頂は、

空に居る感じがします。

 

f:id:morinosizukuceo:20160710090532j:plain

 

今回は、お勉強で留守番の長男へ、

合格祈願のお守りを・・・。

我が家にはお札を・・・。

会社にもお札を富士山頂上浅間大社にて

お納めさせていただき、頂戴しました。

 

f:id:morinosizukuceo:20160711093210j:plain

 

昨日の悪天候が嘘のように、

穏やかでした。

 

f:id:morinosizukuceo:20160711093324j:plain

 

次男坊はコーンスープを山頂でいただき、

私は泡の出る麦茶をプシュっと・・・。

 

そして、下山。

 

登りは、吉田ルート。

 

下山は、須走ルート。

 

f:id:morinosizukuceo:20160710091332j:plain

 

頂上から須走口5合目まで、

約3時間30分を掛けて下山をし、

今夏の富士登山を終えました。

 

 そして本日7月11日、

お約束通り

足が棒になっているのです。

 

くわばら、くわばら・・・。

 

 

株式会社ゆはかのこ代表