読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

フロアコーティング失敗とミスについて。

本日もショールームにて

お客様をお迎えさせていただいております。

 

 

f:id:morinosizukuceo:20160917150516j:plain

 

今日最初のお客様は、兵庫県姫路市から。<(_ _)>

 

昨夜に姫路市をお車で出発をし、本日朝に

到着をされ、そのままショールームにお越しくださりました。

 

2組目のお客様は、千葉県松戸市から。<(_ _)>

 

そして、3組目のお客様は、

香川県高松市より飛行機✈に乗って

当社へお越しくださりました。<(_ _)>

 

日々遠く遠く、埼玉県所沢市にある

ショールームへお越しいただけますこと、

ただただありがたく、感謝の気持ちでおります。<(_ _)>

 

お客様と接する機会をいただき、

思いますのは、

正しい情報をご案内し、間違いの無き

フロアコーティング選び、ご検討をいただきたいと。

 

f:id:morinosizukuceo:20160917131533j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160917131605j:plain

 

良い情報は、多くのお客様におかれまして、

およそ見当はつくものです。

 

良い情報からは多くの学びはありません。

 

必要な情報は、ネガティブな部分。

 

フロアコーティング失敗についてです。

 

他社を悪く言うことは一切しないが

当社のモットーなので、

失敗事象も自ずと、自社のこととなります。^^;

 

ただ、

簡単に失敗などと言ってしまいますが、

失敗の向こうには、

涙を流させてしまいましたお客様が

いらっしゃるわけでございます。

 

当社が犯してしまった過ちと

どう向き合ってきたか・・・・・。

 

どうお客様に償えたか・・・。

 

万が一の時は、どう対応するのか。

 

対策は講じてきたか・・・。

 

多くのお客様が、

考えたくもない事態の話しとなりますが、

 

苟も「 フロアコーティング会社 」

である以上、

そこに明確な情報を保有していなくては

なりません。

 

常に最悪への備え、

危うさを知り、

またそれらを回避する術を持っていることが

求められます。

 

そういったことを、包み隠さず、

しっかりとお伝えさせていただいて

おります。

 

それを踏まえた上で、

はじめてご検討をいただけると考えております。

 

フロアコーティング森のしずく代表