フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

よもやま話。

よく男の美学って言葉がありますが、

わたしには、よくわかりません。

 

きっと世の男様とは相反して、

真逆のところに自分はいるのだろうとは、

常々感じております。

 

(施工部からの画像より)

f:id:morinosizukuceo:20160925080507j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160925080515j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160925080521j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160925080525j:plain

 

例えば、芸能人で浮気がばれ、記者会見の場で、

「 脇が甘かったことを反省しております。 」

 

脇が甘いってなんなんでしょう。

まるで、ばれてしまったことへの反省弁。

 

また、浮気も芸の肥やし、浮気も甲斐性。

そんな言葉まで・・・。

 

しかし、これは男性にしかない言葉です。

わたしには、意味がわからない世界です。

 

万が一男性が読んでくださって

いたら、いゆいようドン引きのことでしょう。

 

仕事のご依頼も減ってしまうかもしれません。^^;

 

でも続けます。

 

そのような考えがあることは、

当然知っております。

しかし、それでも

真逆の男も、この世には多いはず。

 

悲しいことに、わたしたちのような、

者は、なぜか少数派とされ、

どこか小さくなり、

申し訳なさそうに

しているわけです。

 

わたしは、基本的に家吞み派です。

一番楽だし、そのまま眠れるし・・・。

 

社員と出張に行っても、

社員一同、わたしが食事を済ませたら

ホテルに帰ることがわかっているため、

 

「 じゃあ社長、明日朝8:00に

  ロビーにお願いします。

  自分たち少し、あてこんで来ます。

  オヤスミナサイ!!!!!!!!! 」

 

彼らからの決まり文句を聞き、

互いに真逆の方向へと進む時、

わたしは心の中で、

「 オレって変かなぁ? 」

などと思いながらホテルへと帰るのです。

 

酒はとても好きですが、

仕事関係や、接待が大嫌いなわたしは、

それだけで結構、つまらない奴。

付き合いの悪い奴とされております。

 

それもまたよし。

わたしは、

酒の席も仕事のうちとは、

考えていないのです。

 

誰に向けたわけでもないのに、

なんだかすべてが言い訳の羅列のように

なってしまいました。

 

とにかく、

人からはつまらないと思われるところに、

わたしの幸せは、

あったりするのです。

 

株式会社ゆはかのこ代表