フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

リスクと責任。

時にリスクを

怖がるな。なんて言われますが、

リスクは避けるにこしたことが

ない。

 

ただ、このリスクと言う

とてもアバウトな言葉に翻弄されて、

本来持つべき責任をも、回避しようと

してしまう人があります。

 

仕事ができる人とは。

責任を負える人と思っているわたし。

 

せっかくのチャンスであっても、

リスクを恐れるばかりに、

責任を負うことを止めてしまう人。

リーダーになろうとしない人。

 

もったいない。

 

リスクを考える前に、

責任を負える人が、

リーダーに相応しい。

 

責任を負える人は、

窮地にも一番強くある人です。

 

組織であればなおさら、

責任を負える人があるか、

ないかで、組織としての

力は大きく違ってきます。

 

リーダーがいない組織、

リーダーが形だけのものである

場合、負の事態が起きた時に、

その組織自体が意味なきほどに、

弱さを露呈してしまいます。

 

リーダーが、しっかりと責任を持つならば、

何かあった時に、

責任のなすり合いや、犯人捜しのような

無用なことに費やすロスは無く、

該当課題にのみ向き合っていけます。

 

なんだか、タイムリーな豊〇市場のことを

皮肉っているようですが、

違います。

 

わたしたち、森のしずくの話しです。

 

森のしずくが、一歩前進するために、

一同、

前のめりでいきましょう。。。

 

会社は、箱です。

箱を埋めて、より魅力的な箱となるように、

責任を持っていきましょう。

 

皆ひとりひとりが明るい方へ、明るい方へと

一歩ずつ、歩を進めていきましょう。(^^♪

 

f:id:morinosizukuceo:20160928162022j:plain