フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

Merry Christmas

わたしが幼いころ、

クリスマスの日が嫌でした。

 

わたしの両親は、所謂団塊の世代で、

田舎から出てきた人。

 

きっと都会にでて、多くの刺激に翻弄されながら

必死に仕事をしていたのだと・・・。

 

そんな両親にあって、

クリスマスの日でも、

ケーキなどはなく、

お煮しめが出てきてしまうような家でした。

 

煮物の中には干し大根とかが満載で、

部屋中が おなら のような臭い・・・。

 

世間さまのクリスマスの匂いでは

ありませんでした。

 

両親には何ら違和感はなかったのだと、

今は理解しております。

 

が、

幼少のわたしには耐えられず、

俺の家は、なんてつまらない家なんだと、

嘆き、クリスマスをしっかりと

楽しめる大人になろうなどと

ひとり妄想をするのが、

わたしのクリスマスだったのです。

 

それから、だいぶ年月を経て、

そんなことを反芻している今朝です。

 

自分が親になってわかることが

あると言いますが・・・。

 

「 親も必死だった。 」

クリスマスを楽しむ余裕もなく、

わたしを育ててくれていた。

 

なんだか、やるせいない気持ち。

 

一方向からしか見えない景色の

向こう側があります。

 

そんな向こう側こそを、

しっかりと見ることができる

人となりたいものです。

 

昨日はクリスマスイブ。

社内に残るスタッフを横目に、

19:00に早々に帰宅。

 

妻、子ども5人

(長女20歳・長男18歳・次男14歳・

二女&三女 双子8歳)

の前で、クリスマスソングを3曲歌いました。

 

クリスマスを祝えなかった親の心と、

わたしの記憶を快活に歌に乗せて~ ♪ ♪ ♪ 

 

一同、大爆笑・・・。

 

幸せなひとときをいただきました。<(_ _)>

 

 

さて、仕事の話しを少し。

 

「 目指せストレスレス 」

 

家族の家にあって、

皆が笑顔で、楽しく暮らしていくために、

わたしたちが出来ること。

 

せっかくのご新居、

傷がついたって良いではないか。

 

子供がはしゃいで、傷つけたって

良いではないか。

 

傷をつけてしまった子供から

笑顔を奪うなんてことしなくたって

良いではないか。

 

傷をつけたくらいで

子供を叱らなくたって良いでは

ないか。

 

子供は皆の宝物・・・。

 

親も子供からの延長線。

 

何が正しいのかは

わかりませんが、

傷くらいで笑顔を失うことは

もったいない。

 

森のしずくは、

そんな気持ちで仕事を

させていただいております。

 

当社パンフレット掲載の画像。

 

これ実は、わたしの子どもなのです。

 

f:id:morinosizukuceo:20130622110310j:plain

f:id:morinosizukuceo:20130622110432j:plain

 

ガンガン遊べ。

ガンガン傷つけてしまえ~。。。

 

傷は治せるから~。。。

 

それが当社保証の考えであります。

 

 

メリークリスマス。

 

 

株式会社ゆはかのこ

森のしずく

代表 久永