フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

エトセトラ 社員各位へ

どこかどっぷりとした疲労感。

 

今当社は、様々に変革を内から(社員)

試みております。

 

そんな中にあって、

変革を推進する声と、

これまでの当社の伝統(?)を大切に

するべきとの声との間で、ちょっとした対立が。

 

各々の軸より社長はどう思っていますか?

社長はどっちが正しいと思いますか?

 

\(◎o◎)/!概ねどちらも正しい!!!

 

どちらも正しいと思うことに

対して結論のみを私に求められる

こまります。(>_<)

 

もっと各々で良く話し合い、

そこで煮詰めて考えて欲しいと。

 

これまで私なりに会社を育てて

参りましたが、

ようやく、社員同士で考え、

会社の将来を見据え、

社員が会社を動かす場面も必要では?

 

現況、

そこまで私が関与する場面を

超えたようにも思っております。

 

各セクション同士で意見をし合い、

ある程度の方向性を見出さなくては

いけないのでは・・・・・?

 

そんな疑問を持ち、

そんなことに関与しなくては

ならないストレスが、

わたしの頭皮から毛を奪い去って

いっているかも知れぬことを

考え、皆がしっかりと考え、

総意を示して欲しいと

思っております。

 

また、先日は当社税務調査がありました。

 

今朝の疲労感を占める割合は、

実は、この税務調査もあるかもしれません。

 

しかし、わたしは、

「 会社である以上、

  しっかりと税金を納めるべきで、

  税金をしっかり納めなくては、

  真の成長はない!!!     」

 

そんな教科書のようなことを

常に考えておりますため、

特段問題もなく、

終了しました。

 

さて、話しを戻しますが、

組織とは、

様々な意見があり、

時に各意見の対立があってこそです。

 

そんな対立が生じることは、

逆に正しいことと考えます。

 

そうしたやり取りの中で、

はじめて健全化が図れるのです。

 

そこに常に代表者のわたしが関与することは、

時に不公平を生み、時に判断を誤る危険性が

あるのです。

 

社員各位は、そこを念頭に置き、

謙虚さを持ち、

より良き会社を創造する工夫と、努力を

していただきたいと考えます。

 

もちろん、そこにわたしも意見はしますが、

最初から意見をすることは、

逆に弊害と考えている今日この頃です。<(_ _)>

 

久永