読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

自分開拓「 carry on 」

桜の開花が伝えられはじめました。

 

季節は「 春 」です。

 

日々の流れに感けて、季節の移ろいに

少し鈍感になっておりました。

 

f:id:morinosizukuceo:20170324093346j:plain

 

今年も早3ヶ月が経とうとしており、

焦る気持ちばかりが募っております。

 

経営者として学ぶことは数知れず、

やるべき仕事も山ほどあり、

開拓するべきところも方々に・・・。

 

月日の経過を超えたペースで、自身を整える必要があります。

 

f:id:morinosizukuceo:20170324093357j:plain

 

わたしの仕事といえば、

社外のこと、今後のことを大切に歩む必要もありますが、

それでも社内あっての今後です。

 

たとえば、社員のこと。

「 理解をしているつもり 」でありましたが、

所詮は「 つもり 」であったことを自覚。

 

わたしの考えは、わたしの思いとは裏腹に

思惑通りに伝わっていなかったりもします。<(_ _)>

 

これは、伝える側、わたしの責任であり、

反省点です。

 

女性社員につきましては、

当社は施工会社でありますゆえに、

どこか男が主体と思われがちですが、

決してそうではありません。

 

ここ最近、様々なことに

各人のスキルを発揮してくれており、

驚くことも多いのです。

 

「 そんなこと出来るの? 」

「 ってか何で今まで黙ってたの? 」

 

これまで学んだスキルをわたしが

引き出してあげることが

できていませんでした。

 

しかし、今後は違います。

そうした能力を存分に発揮した、

会社への貢献は、

高く評価していきたいと思います。

 

女性スタッフひとりふとりが

働きやすく、また

自己実現ができる会社であるべく、

発展させていくことが、

当社の今後を明るい方へと

導いていくと考えています。

 

 

これより、ひとりごとです・・・。

 

なんだかんだと、

わたしには、ロールモデル

無いがために、

行き詰まる時がありましたし、

それは今でも同じです。

 

代表である以上、当たり前です。

 

しかし

振返ると、失敗の数も、

行き詰った数も、

多かった。

 

多すぎた。

 

それは、無知だったり、

学びが足りなかったりが原因で、

他に理由はありません。

 

すべて、自分の責任だったのです。

 

そんな行き詰まりを少しずつ、

一歩ずつ克服して今があり、

この先があります。

 

壁を破ること、

昨日の自分を超えることが

仕事であり、また

時に憂鬱なことが仕事です。

 

わからないことだらけで

あったわたしは、

学ぶしかありませんでした。

そしてその

学びは全然足りずにいる今です。

 

誰も教えてくれないならば、

自分で学んで獲得するしかありません。

 

この先も、いままで以上に学ばなくては

いけません。<(_ _)>

 

人生は学びとは良く言ったものですね。

 

さて、会社を見ますと、

これまでの私の失敗や行き詰まりの

賜物?か。

気が付くと、

だいぶ研ぎ澄まされた

ロールモデルもできております。

 

そうした部分を、

活用し、また、もっと良いモノへと

進化させていく段階でもあります。

 

わからないことがあるならば、

聞けば答えがある場合も多い今。

 

プラス学びがあれば、

鬼に金棒!!!

自分を開拓していきたいものです。

 

f:id:morinosizukuceo:20170209134713j:plain

 

フロアコーティング森のしずく

代表