フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

【仕事力】組織と個人

ひとりではできないことが、

組織だと簡単に成し遂げることだできる。

 

組織だからできることがあります。

しかし同時に組織だからこそ憂鬱な面も。

 

人と人の集合体なため、

個々の想いや感情が入り乱れるのが組織でもあります。

 

上司や部下、組織自体に不満を持ってしまうこと。

そんな経験が無い人はいないのでは。

 

組織は、そうした不満をも吸収し、

良き方へと進む道を築いていかなくてはいけません。

 

しかしその方法は、組織が人の集合体である以上、

構成員の個々の人にあります。

 

部下を不満に思うことがあれば、

それは育て方が悪かった。

 

上司に認められないのならば、

努力不足。

 

各々が謙虚さを持ち、

組織の在り方を意識して

自己表現をすることが大切です。

 

そうした謙虚さを失い、

負の感情のみを増幅させてしまいますと、

組織の一員であることは難しくなります。

 

組織は、一見するとストレスの溜まり場のようなところです。

 

ただ、組織を離れ、個人で生きる道を選べるだけの何かが

私たちにあるでしょうか。

 

仕事は、常に結果を出さなくては成立しません。

 

組織は、個人が仕事において、より良い結果を出していくための集合体。

 

にもかかわらず、

組織の中にある不満を放置しますと、時に組織を腐らせます。

しかし、本当に組織の改善に必要な不満は、腐らせるどころか、

組織を成長させます。

 

その逆も然り。

 

不満が独善的なわがままであるなら致命的です。

 

貴方が居てくれることが、

会社組織にプラスに作用することを考え

仕事に臨んでいただきたい。

 

お客様に謙虚であるには、

社内においての謙虚さが大前提です。