フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

ショールームで話すこと

ショールームにてお客様にお話しをさせて

いただく時に大切にしていることがあります。

 

それは、

商品の説明と当社の考え方(スタンス)のご案内に徹すること。

 

商品の説明となぜこの商品を当社は選定し売っているのか。

そうした具体的な内容と、考えを

経験を踏まえた話しをさせていただいております。

 

また、メリットだけではなく、

デメリットや懸念もお伝えをし、お客様に熟考いただく。

 

これこそ、ショールームのあるべき姿かと。

 

なにしろフロアコーティングは、

薄っぺらい塗料塗膜なわけですから、

塗って終わりの世界ではありません。

 

そのため、

フロアコーティングは実施完了が終わりのはずはないのです。

 

傷も入るし、摩耗もするし。

 

施工終了は、本来スタートです。

 

 

ゆえに、施工後にしっかりとメンテナンスを恒常的に

実施させていただく必要があり、

そうした長きに亘るお付き合いをさせていただく上でも、

お客様におかれましては、

様々な見地から熟考していただきたくございます。

 

その上で、当社をお選びいただけましたら幸甚です。

 

 

ハード(フロアコーティング)を売らせていただいて、

ソフト(補修及び再コーティング)は無料。

 これが、「森のしずく」では当たり前の考えです。

 

 

こうした考えがベースにございますため、

当社は間違いなくどこよりも、

当社をお選びいただいたお客様を大切にします。

 

今年も残すところ僅かとなりました。

 

2017年ショールームには驚くほど多くのお客様に

お越しをいただきました。

 

ご依頼をいただきましたお客様、

ご依頼をいただけなかったお客様も、

すべてのお客様におかれまして、

当社のショールームが、そのご判断に貢献できたでしょうか。

 

わたしは、常に自問自答の日々にあります。

 

より無駄のなく、正確な情報をご提供

させていただく場であるべく、

今後も、努めて参ります。

 

ご依頼の有無にかかわらず、ご検討の場とし、

ショールームにお越しください。

 

また、他社様との比較ご検討は大歓迎です。

 

わたしもお客様の立場にありましたら、

絶対に数社と比較をするところです。

 

これは、自信があるから言えることではございません。

 

すべてを、勉強と転換させていただいているのです。

 

 

相変わらず、本日も支離滅裂な内容となりました。^^;