フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

啓蟄そろそろダイエットを

今日は啓蟄

 

 

毎年、このころからダイエットをスタートしますが、

今年はなかなかエンジンがかからずにおります。

 

 

忙しさに感けて、またそれを言い訳としてしまっているのです。

 

 

さて、今期も当社ではスタッフが増え、

より一層のサービス充実、拡充を図っております。

 

 

常に初心に立ち返り、良きものを伸ばし、

悪しきものを徹底的に排除しながら、

一歩ずつ歩んでおります。

 

 

フロアコーティングでは、

30年保証という長期保証を実践しておりますが、

そうした根拠はどこにあるのか・・・?

 

 

ショールーム等で、

お客様から直に質問いただくことがあります。

 

 

根拠のひとつは、

森のしずくのコーティング剤のデーターによるところです。

ただし、未使用状態でのデーターとなります。

 

 

実際にはご使用をいただきますため、

残念ながらそのような机上のデーターなど

あまり意味をなさないのは、

お客様もご存じのところです。

 

 

使用をされ、摩耗や傷といった傷みを

適宜補修することで、

わたしたちの品質ははじめて30年間保証されるわけです。

 

 

ですから、30年間保証に根拠を持たせるために、

保証内(無償)にて補修及び再コーティングを実施させて

いただいております。

 

とてもまわりくどいですが、

当社は他社様と保証の概念が違います。

 

 

そんなことはさておき、

一番の問題は、

そうした実践的30年保証を出し続けることができる根拠です。

 

 

 

ここが一番の問題であり、大切です。

会社運営サイドとして、しっかりとした根拠を見出し続ける

必要があります。

 

 

 

 

そこで、少しだけ当社の考えを・・・。

 

 

 

フロアコーティングをはじめとしたコーティング事業は、

当社の中核であり続けております。

 

 

 

一方で冷静に業界を俯瞰しますと、

やはりコーティング業界は斜陽化が進むことが必至です。

 

 

 

そんな中で、30年保証を実践し続けるためには、

様々な取組を要し、会社体力を大幅に底上げする必要が

あります。

 

 

 

ご存知の方もいらっしゃるかも知れません。

当社は、リフォームをはじめ内装工事、外溝工事も

子会社にて実施しております。

物販事業や、メディア事業も行っております。

 

 

 

こうした事業をひとつひとつ確実に

足元をしっかりとみながら育てる中で、

相互に良き刺激を与え、切磋琢磨しているところです。

 

 

 

子会社及び、事業部の底上げにて、

しなやかな経営を目指しております。

 

 

 

 

近い将来にお客様にそんな質問をいただかなくなるように、

努めて参ります。<(_ _)>

 

 

 

しかし、現状はまだまだ発展途上にありますため、

どうかあたたかく、ご指導ご鞭撻をいただけましたら

この上なき、幸せでございます。<(_ _)>

 

 

 

最近の施工画像より~。

施工前とナノピークス施工後となります。

 

f:id:morinosizukuceo:20180306150141j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180306150145j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180306150154j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180306150159j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180306150206j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180306150211j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180306150217j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180306150222j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180306150255j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180306150308j:plain