フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

森のしずくの接客

表題は、「森のしずくの接客」としましたが、

書き終わってみたら、

ただ「私の接客」と、

なかなか身勝手な私の想いに終始してしまいました。<(_ _)>

 

 

 

 

お客様をご案内時に、

わたしが心掛けていることは、

いかなる時も、お客様との距離感を間違わないこと。

 

 

ちょっと変な話しをしてしまいますが、

良く「お客様は神様です」と言われます。

しかし、

ちょっと捻くれているわたしは、

逆にお客様に対して、

神様のようにあるべきは、自分との思いがあります。

 

 

お客様の願いや、思いをしっかりとお聞きし、

その願いと、思いを叶えることを目指して

います。

 

 

そこには確かな知識と、冷静さと、

誠実さが必要です。

 

 

お客様よりも、

接客をする者自身が、神様を目指すことが、

一番に求められるところです。

 

 

 

 

 

 

シュールームでご案内をしていると、

たまに、お客様自身が、なぜそれを求めているのかを、

わかっていないのでは、と思うときがあります。

 

 

もちろんフロアコーティングについて知りたい

との目的を持ちご来場をいただいております。

 

 

しかし、なぜフロアコーティングの実施を検討しているのか、

突き詰めた時その理由は、皆がやっているからだったりします。

 

 

それでは、皆がやっていなければ、必要が無くなるため、

答えとしては具体性を欠いております。

 

 

 

 

f:id:morinosizukuceo:20160605153659j:plain

 

 

 

 

 

そこで、すべてのお客様に対しまして、

まず、何が一番の目的であるのかをお聞きするところから

始まります。

 

 

どんなご期待、ご希望、想いでご来店をいただいているかを、

最初にお聞きさせていただいております。

 

 

しかし、本当の思いを、額面通りに伝えることは

困難でもあります。

 

 

それゆえ聞いておきながら、同時にお客様の言葉と、

その言葉の裏側までを想像させていただき、

お客様のニーズを汲み取るよう心掛けています。

 

 

さらに、

お客様が話しをして下さると、

図々しい思いが湧きあがってきます。

 

 

自分も知っていただきたいと・・・。

 

 

自分の知識や良い物、好きなモノまで全て

お伝えしたくなります。

 

 

この辺で帰りたいお客様をイライラさせてしまって

いるかもしれません。<(_ _)>

 

 

そこから、さらに失敗談まで・・・。

 

 

そう、わたしの経験には、

大きな声では言えませんが、

残念なくらいたくさんの失敗があります。

 

 

 

だからこそ、

少なくとも、自分が提供するモノで、

わたしのお客様に失敗をさせることが無いように、

それは全力になるのです。

 

 

 

自然とお客様を喜ばせようと必死になります。

 

 

 

どんなに良い商品であっても、

そこにしっかりと血が通った言葉、姿勢、

熱を持った心がなければ、お客様にとっても、

わたしたちにとっても無用の長物となります。

 

 

大袈裟ですが、わたしたちの会社に愛がなければ、

商品も活かすことができません。

 

 

お客様は、そうした部分に敏感です。

 

 

お客様へのご案内では、

もちろん商品説明もしっかりと行っておりますが、

一日を振り返ると、

いつも頭に浮かぶのは、

お客様がお話しくださった「想いと、願い」です。

 

 

「想いと、願い」に一番に

お応えをすることを目指す時、

営業トークなど入り込む余地はありません。

 

 

もしもわたしが、営業トークが上手かったら、

お気をつけください。<(_ _)>

 

 

今日の支離滅裂も、お許しください。