フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

20年ぶりの再会

むかしに付き合いがあった取引先との集まりが企画され、

久しぶりに旧交を温める機会が催されました。

 

お会いした取引先は数社あり、

いずれも創業時より存分にお世話になった方々。

 

この集まりの発端はインターネットで、

とある一人が

ネットサーフィンをしていた中で、

懐かしい面々がちらほらと。

そこから火がついて・・・。

そんな中に、偶然わたしも見つけていただき、

拾ってもらったのでした。

 

呼んでくれた人たちは、

わたしの会社歯車に最初の回転を与え、

回転数を増す機会をつくってくださった方々です。

 

しかし、わたしは会社の回転数が上がっていくと同時に、

会社運営を考え、そうした仕事をいただく社長さんたちから、

徐々に距離をとるようになり、

付き合いは無くなってしまっておりました。

 

ありがたい思いであった反面、

下請ではなく、もっと自由に、

直にお客様との取引がしたく、

自由なサービスを創造したい思いが強かったのです。

 

綺麗ごとでは無く、

そうした人たちに対し、深い恩と、心と愛は、

心の片隅に、ずっとありながらも、

自らアプローチをかけることもなく過ごしてしまっていた中、

皆一様に、久しぶりの再会を最大限に喜んでくれ、

救われた気持ちと、何とも言えない羞恥心が。

 

ある部分では商売敵ともなったわたしの今を、

とても嬉しそうに聞いてくださる、懐の深さ。

 

普段会社では、自分が最年長でありますが、

今回お会いした社長さんたちに

お世話になっていたのは、

何分にも20年前、わたしが20代の頃の話しで、

「 久永 」、「 久永 」と呼びつけては、

懐かしがっては、

わたしの頭を撫でるのです。

 

頭髪に難を抱え、来月45歳になろうとしているわたしは、

素直にうれしく、楽しい時間。

 

当時のわたしは、今では考えられず、

営業に回る時は、生意気にも

直接社長さんと面会をさせていただいておりました。

 

「 とても重要な案件がございますため、

直接に社長様にお会いし、

お話しをさせてください。      」

 

当時は、インターネット等が今ほど根付いてなく、

このように話すと、高い確率で社長と面会ができました。

 

いざ、社長と面会すると、

 

「  わたしは、現在〇〇〇〇で、

  起業間もなくありますが、

  だからこそ〇〇〇〇な提案や、

  仕事を誠実に安くご提供できるので、

  御社におかれまして痒いところに手が届く、

  そんな仕事が何よりも得意です。

  逆に申しますと、他に頼めず、他に言えないような

  こと、お引き受けできるのが当社です。      」

 

とても、お粗末なプレゼンをしておりましたが、

上述の社長さんたちは、わたしに興味を持ち、

そこから徐々に仕事を発注してくれたのです。

 

なんでもしますと言った代わりに、

深夜の仕事や、工期が恐ろしく短い仕事、

クレーム処理の同行など、

いただいた仕事の大半は、普通じゃない。

 

それでも、猛烈に嬉しかった記憶。

そしてわたしは紛れもなくそうしたひとつひとつの

仕事で鍛えられたのです。

 

遠いむかしの記憶に浸るわたしを他所に、

宴もたけなわ、

子供の話しや、奥さんの話し、孫の話し、

健康の話し、両親の話しへとシフト。

 

恰幅のいい面々ではあるが、

個々に様々なものを抱えている。

 

人によっては、押し潰されそうな重荷を

抱えている方も。

 

20年の月日を、皆必死で歩んでいること知った。

 

久しぶりの再会。

何も変わることなく、

会うことができる人。

大きな安心と安堵に胸をぬらした。

 

わたしは、会社で「安心」、「品質」を最重視して

歩んでおります。

 

その前提として、

人としての「安心」、「品質」をしっかりと養い、

貯えなくては。

 

20年ぶりの再会の場。

そこには確かな安心が、溢れていました。