フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

フロアコーティング【顧客満足度】わたしの考え

森のしずく最寄駅、

新所沢駅を出ると、

金木犀の香りが~♪

 

 

 

 

 

 

それもそのはず、駅の直ぐそばに、大きな金木犀があり、

只今満開の状態でした。

 

 

 

 

 

 

f:id:morinosizukuceo:20181002103128j:plain

 

 

 

 

 

 

森のしずく周辺でのその他出来事・・・。

 

 

 

 

 

9/28にマジック1をスタンドで目撃。

 

 

 

 

 

 

f:id:morinosizukuceo:20180928205912j:plain

 

 

 

 

 

 

その後札幌にて、リーグ優勝を果たした西武ライオンズ

 

 

 

 

 

 

 

f:id:morinosizukuceo:20181002103700j:plain

 

 

 

 

 

 

 

次はクライマックスシリーズ

ソフトバンクに持って行かれませように。

 

 

 

 

 

さて、仕事のお話しを少しだけさせていただきます。

 

 

 

 

 

インターネットで「フロアコーティング」との

ワードで検索をすると、出てくるのが、

「後悔」、「デメリット」となかなか

ネガティブなワードが。

 

 

 

 

 

これは、もう仕方がないです。なんて

投げやりなことは言えません。

 

 

 

 

 

 

どうして、こんなワードが上位に来るのか。

それはすべて当社をはじめ、

フロアコーティング会社の責なのです。

 

 

 

 

 

森のしずくでは、

絶対に後悔はさせません。なんて言えたら

最高ですが、

事実として、後悔をされている

お客様もいらっしゃいますし、

フロアコーティングにはデメリットもあります。

 

 

 

 

 

 

そんな中で、顧客満足度を高めていくには、

何が必要か。

 

 

 

 

 

品質の向上、社員教育・・・。

これらは言わずもがなですが、

一番に大切なことは、

とてもシンプルに

「正直であること。」

 

 

 

 

 

簡単なようで、これが一番難しい。

 

 

 

 

 

それでも、

会社として「できること」、「できないこと」は

当然あるなかで、あらゆる場面におき、

誠実に正直に正しい情報を

お客様にお伝えしていけるか否か。

 

 

 

 

 

 

 

そして、会社にできることは、

最大を持って、徹底的に取り組むこと。

 

 

 

 

 

 

 

わたしたちに出来ること。

そのひとつが「森のしずくの保証」

だったりするのです。

 

 

 

 

 

顧客満足度】を向上させることは、

わたしの永遠のテーマです。

 

 

 

 

 

 

内からの努力と共に、

お客様からのご指摘や、お声を

真摯に受け止め、感謝を持って、

お客様に接していく会社でありたい。

 

 

 

 

 

 

なかなか支離滅裂ではありますが、

最近の施工画像を、ご紹介させて

いただきます。<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

f:id:morinosizukuceo:20181002102219j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181002102129j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181002102243j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181002102247j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181002102346j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181002102350j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181002102405j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181002102411j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181002102423j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181002102427j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181002102431j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181002102434j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181002102517j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181002102545j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181002102736j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181002102741j:plain