フロアコーティング森のしずく 《元》代表の日記

フロアコーティング森のしずく代表のブログです。

暖かい大雪

2020年もいよいよう最後の月となりました。

新年より名古屋へ参りましたが、

あっという間に12月に突入してしまいました。

 

 

 

 

 

f:id:morinosizukuceo:20201129124308j:plain

 

 

 

 

 

名古屋での生活も慣れて、

もはやベテランモード。

 

 

 

 

 

住めば都とは言いますが、

そんな言葉は名古屋には該当せず、

私にとって、名古屋は素晴らしい街

でした。

 

 

 

 

 

私が住んでいるところが

そうなのかも知れませんが、

程度な距離感がありながらも、

日常の挨拶から、笑顔から

人々に愛を感じます。

通りすがりの人であっても、

そんな風で、

朝から昼から夜までも、

なんか良いのです。

 

 

 

 

 

f:id:morinosizukuceo:20201129124251j:plain

 

 

 

 

 

基本、車の運転は総じて荒いですが、

かと言ってマナーが悪いわけではなく、

道が広い為、皆が一様に気持ちスピードを

出すので、目的地まで下道でも

早く到着できる合理性があります。

 

 

 

 

 

過去を見れば、名古屋(愛知県)は

歴史の上でも由緒ある地。

戦国時代から明治維新頃までの歴史が

好きなわたしは、

時間ができると、いろいろなところを

周っておりました。

熱田神宮の信長塀は、

3回も行きました。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※信長塀

永禄3年(1560)織田信長が桶狭間出陣の時、

当神宮に必勝祈願をしてみごと大勝したので、

そのお礼として奉納した築地塀(ついじべい)です。

土と石灰を油で練り固め瓦を厚く積み重ねたもので、

兵庫西宮(にしのみや)神社の大練塀、

京都三十三間堂の太閤塀とともに

日本三大土塀の一つとして有名です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

実際に行ってみますと、

とてもシンプルな塀ですが、

なんだか底知れぬパワーが

湧いてくる、

勝手に私のパワースポットなのです。

 

 

 

名古屋のスタッフにも

絶対行った方が良いと

言っているのですが、

誰一人として興味を示しません。

 

 

 

 

 

そんなスタッフからのおすすめ

スポットは犬山城。

「 埼玉県川越市の小江戸川越みたいですよ! 」

とのことですが、

私は、まだ行けておりません。

 

 

 

 

こんな感じで、過ごして来た

約1年でしたが、

私の家に、

スタッフが遊びに来てくれたり、

これまで以上に、

社員と話しができたりと、

良い経験ができました。

 

 

 

 

 

f:id:morinosizukuceo:20201129104740j:plain

 

 

 

 

 

新年スタートと同時に

新型コロナウィルス感染拡大となり、

世界中に影を落とし、

名古屋での新生活は最悪のスタートと

なってしまいましたが、

こうした誰というわけでもない、

日々の暮らしにある周りの人々に

支えられ、

またスタッフに支えられて、

過ごせた名古屋での1年間は、

私の中で忘れることのできない

かけがえのない

思い出となりました。

 

 

 

 

心より感謝です。

 

 

 

 

 

この年齢で、独り身の生活をしてみて、

仕事とか、そうしたこと以前に、

思ったことがあります。

 

 

 

 

人は鏡。

自分が人を幸せにすることは

特別なことではなく、

日常の中にある、

ちょっとした配慮。

笑顔であったり、

心のこもった挨拶だったり。

そして、

誰かの悲しみや、

思いに気付いたら、

耳を傾けて、

そっと手を差し伸べること。

 

 

 

 

 

今だからこそ、

皆で明るい方を目指して

行きたいと思い願っております。