フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング森のしずく代表のブログです。

フロアコーティングは必要か

フロアコーティングは、必要か?

デメリットは?







f:id:morinosizukuceo:20210911164700j:plain







さらには、「フロアコーティング後悔」など
インターネット上には、

フロアコーティングに関する
ネガティブなワードが散在しています。

 

 

このことは、フロアコーティングの不明瞭さを

物語っているとも言えます。





フロアコーティングを検討されている方には
このようなネガティブな情報があると、
とても大きな不安要素となることでしょう。

 





しかし、このようなネガティブと思われる
情報は、一見ネガティブのようで、

紐解くと、消費者の立場に寄り添う内容が多く、
決してネガティブな情報ではないのです。

 

 


多くの方が抱く疑問や不安が反映されており、

そこに答えが見出せるか否かを各自に問うている

形のサイトが大半のため、むしろ検討材料としては
とても有益となります。

 

 




今回は、こうしたフロアコーティングに関する、
一見ネガティブにみえる情報について、
フロアコーティング施工会社の森のしずくの考えを
お伝えします。

 





これまでも、幾重にもお伝えをして

参りましたが、それから時間も経過してしまい

ました為、改めてこの場を借り、

お伝えさせてください。







f:id:morinosizukuceo:20210911164800j:plain







  • フロアコーティングは必要か?






この問いにつきましては、

できるのならば、自信を持って、

おすすめをさせて

いただく商品ですが、

基本的には、必ず要とするものではありません。

 





理由として、

フロアコーティングは無くても生活ができるからです。




例えば、スマホのカバーや、

車のコーティングのようなもので、

カバーやコーティングの有無で

スマホの機能や車のエンジン性能が変わるものではありません。

コーティングしている、していないにかかわらず、

フローリングであることには変わりありません。




せっかくの新品(新築)だから

少しでも大事にしたい。汚れを防ぎたい。

大切にしたい。キズから守りたい。

と思う人と、

床なんて傷は付くものだから気にしない。

生活の場である以上、多少の汚れは仕方がない。

このように思える人。



 

これはもう、自由意志の中で、

人によって考え方や捉え方の差となり、

ライフスタイルそのものでもありますため、

森のしずくとしては、迷われている方に、

必要とも不要とも申すことはしておりません。

 

 

 

まず、

お客様のお考えを尊重させていただいた上で、

森のしずくでフロアコーティングをする
メリットとデメリットのご案内を
正確にお伝えすることを心掛けております。





  • フロアコーティングの価格について




フロアコーティングの施工費用も
検討に大切な要素となります。




フロアコーティング施工代金は、

高額でありますため、施工後の
費用対効果に

期待できるか否かが大切となります。



 

高額なお金を支払う以上、
それ相応の見返りを求めることは
当然のことです。

 

 

 

ただ困ったことに、

施工するまで、

また実際に暮らして月日が経過するまで、

その善し悪しを

ジャッジすることができない

不明瞭さがあります。

 



このような施工後の費用対効果に
対しまして、正確なアナウンスを
お届けすることは、

困難なところも多く、
当社をご利用いただいたお客様がSNS等で

発信してくださったお客様の声に甘えさせて

いただき、頼ってしまっている現状が

ありますが、

森のしずくでは、事前に

ショールームにて施工前後のディスプレイを

ご覧いただき、

フロアコーティングの施工感、

艶の具合から、キズの付き方、

汚れ具合、弾き方の差異を

ご案内させていただいております。

 

 

 

でも、ショールームだから
きれいな状態を維持しているのでは?
との疑問があります。

確かにその通りですが、
多い日は、一日に20組、
総勢40~50名がお越しいただくため、
それなりに摩耗や傷も入ってしまう
環境となります。




そのため、ショールームの床は、

各フロアコーティング施工後、

4~5年経過した状態と変わりません。



ショールームにて、

事前に経年後の状態を知ることは、

検討する上でとても大切です。

 

 




  • 30年保証について





さて、こうした不安や懸念を乗り越えて、

それでも森のしずくへご依頼くださったお客様は、

私たちにとりまして、特別な人です。




ですから、当然に




「 私たちが持つ技術の範囲であれば、

あらゆることへ対応をさせていただく 」




これが、森のしずく保証の基本理念です。



 

お客様が付けてしまった傷を保証しなくては、

お客様のメリットは無く、

フロアコーティングを実施する意味は

とても小さくなってしまいます。



 

もちろん、お子様やご友人様が付けてしまった

傷も同様に保証させていただいております。

 





フロアコーティングは残念ながら万能では

ないことを鑑みますと、

これらは、過剰なサービスではありません。

 

 

 

例えば、我が家のフローリングには、

自社のみならず、

様々なフロアコーティング会社のコーティングが、

部屋毎に施工済みの状態です。

 



そんな床の上で、実際生活をしておりますと、

各部屋共に、一様に、

あちらこちら傷や摩耗が生じています。



 

フロアコーティングを実施しただけでは、

傷や摩耗は避けられないのが現実。



 

フロアコーティングを施工すると、

確かに、傷付き難くはなりますし、

床材本体への傷、摩耗は大幅に軽減できますが、

コーティング塗膜への傷や摩耗は

生じます。

 

 

 

しかし、このコーティング塗膜への

傷や摩耗は、多くの場合補修により、

きれいな状態に復旧することが可能です。
可能ならば、それをお客様各位に
ご提供する。

 




高額なフロアコーティング施工費用を

考えますと、施工後に生じた傷や摩耗への

補修(保証)対応は必然です。

 

 

 

さらに、どんなに強いとされる

フロアコーティングも有体物である以上、

塗膜自体への傷や摩耗は一定避けられない

ことを知る施工会社としましては、

日常生活で生じた傷等を

保証内で補修することを想定する

ことがそもそも求められるべきです。

 

 




それ故、森のしずくでは、

保証内の無償補修は、

本来お客様が求める強度への不足分を

補完させていただく上で、

不可避なものとなります。

 

 



また、塗膜の補修だけではなく、

床材まで達してしまった傷も含めて、

無償にて補修を実施しております。

 

 



  • 故意・過失を問はない理由について。




これは、お客様のお宅であるので、

ほとんどのケースが、

「 あっしまった 」といった過失であるわけで、
過失を保証しないとなると、
もはや保証そのものが効果がなくなって
しまいます。
故意については、これはもう
無いと考えるからです。






コーティング施工時及び、
コーティングそのものに起因する場合は、
保証にて補修するというケースも
良く聞きますが、
これは、保証ではなく、
施工会社は、債務不履行として、
保証以前に補修をしなくてはなりません。







f:id:morinosizukuceo:20210911164801j:plain







森のしずくは、

これまでの施工実績の中で、

フロアコーティングのメリットや

デメリット、良さも、弱さも知っております。



 

良い部分を最大限に伸ばし、

弱さを最大限縮小し、

それでもカバーできない部分は

アフター作業にて補完をさせて

いただいて参りました。

 



このような補修お伺いは、
フロアコーティングに対します
ケーススタディーの場とさせていただけるため、
当社にとっても非常に有益な機会でも
あります。

 

 

 

会社の発展を目指す時、

何よりもお客様満足度を高めることが

一番に大切と思っております。

 

 

 

保証を謳うわけではなく、

お客様にご満足をお届けし続けるために、

森のしずくは保証を大切にして

参りました。

 

 

今後も、より一層アフターサービスを
大切にし、
お客様のお暮しを陰ながら、
快適なものとなりますよう、
お役に立てるよう、努力して参ります。



その中で、
わたしたち森のしずくの
フロアコーティングに意義を実感
いただけたら幸甚です。

 

 

 

森のしずくは、
いままでも、これからも、
お客様各位の施工日からの30年を
大切に歩んで参ります。