フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

UVフロアコーティングVSナノピークス

特定のフロアコーティングを

悪く言ったり、側面だけで判断をし、

施行も知らず、何もわかってない営業マンが

根拠の無い営業トークを繰り広げて

いるこの業界でございますが。。。

 

森のしずくをはじめ、すべての

フロアコーティングに言えることが

あります。

 

・・・そもそもフロアコーティングは

万能ではないのです。

 

私たちのような会社、業界はすべからく、

この角度から入っていくべきだと思います。

 

どのようなコーティングにも

一長一短があります。

 

巷ではUVフロアコーティングこそが

一番強いコーティングと思われていますか?

UVは直射日光があたり続けると割れると

思われていますか?

f:id:morinosizukuceo:20140820163937j:plain

(森のしずくUVフロアコーティング施工後画像)

 

そんなこと誰も思っていないと

思っていたら、思っている人が多くて

驚いています。

 

驚いた ポイントはインターネットのデマ にです。

 

まず、UVが直射で割れやすくなるという点。

そもそも直射日光はすべてに良く無いとの

レベルを除けば、UVが際立って変異を起こす

ことはありません。

 

逆にUVフロアコーティングが一番強いという点。

これを知るには何を持って

強いと言っているのかが解りません。

硬度だけを考えるならば、

ガラスフロアコーティングの方が硬質です。

塗膜のみを考えるとUVの方が厚みがあります。

 

フロアコーティング本当の強度とは、

床材の特質を最大限に活かすことができる

時に初めて発揮されるものであります。

 

フローリングは年々柔らかくなって

きています。

 

下図をご覧ください。

こんなに柔軟するのです。

f:id:morinosizukuceo:20140820160719j:plain

背景は悪いですが、

フローリングはとてもしなる。

柔軟性があります。

f:id:morinosizukuceo:20140820160704j:plain

遮音性のフローリングは、フェルト綿も付いており、

柔軟性がより高くなります。

 

敷設してしまうと、この柔軟性が解り難くなるだけのことです。

 

さて、表題のUVフロアコーティングVSナノピークス。

どちらが強いか?

どちらがベストか?

 

上述の通り、一概には申すことはできません。

 

しかし、当社ではUVフロアコーティングを基軸に

これまで来た中で、

ナノグラスコート30や、ナノピークスを商品化(後発)

した意味は、常により良きものを求めた結果であります。

 

ただ、最初に述べた通り、

フロアコーティングは万能ではありません。

 

ですから、結果的に不足していた部分が

万が一あったならば、保証内で対応を

させていただく必要がございます。

 

そのひとつひとつが、より万能な

フロアコーティング剤を求めていく

方法だと思っております。