フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング森のしずく代表のブログです。

十五夜・・・お月見団子

昨日は、中秋の名月でした。





f:id:morinosizukuceo:20141002114921j:plain






わたしも昨夜、雲間から顔を出した月を少し
見ることができました。





月の誕生は、地球と同じく、
45億年前。





地球から見る月は、
地球の引力にも関係し、
自転周期と公転周期が同じのため、
いつも同じ面となり、
月の裏側を地球から見ることはできないとか。






多くの人類が見上げて来た月を見ると、
なんだかしんみりとしてしまいました。





夕食を済ませると
登場したのが、お団子。





緊急事態宣言発令中で、
部活もなく、リモート授業の
娘たちと妻が作ってくれておりました。





f:id:morinosizukuceo:20210922074200j:plain





わたしの肥満対策で、
甘味は、パルスイートでした(^^;













社長交代のお知らせ

株式会社ゆはかのこ
森のしずく
代表取締役社長を
2021年9月末日をもち、
辞任することとなりました。




秋晴れの今朝

f:id:morinosizukuceo:20210919145237j:plain

秋晴れの今朝2

f:id:morinosizukuceo:20210920082141j:plain




※詳細は、当社ホームページ内、
 公式ブログにてお知らせさせて
 いただきました。

www.morinosizuku.com






2021年10月からは、
私は会長職へと退き、
前線におけます職務は、
新社長をはじめ、全スタッフに
任せ、
私は陰ながらバックアップさせて
いただく形をとらせていただきます。



これまで、多くのお客様から
いただきましたご指導ご鞭撻の数々、
すべてを無駄にすることなく、
私も次の目標へと舵をとり、
歩んで参る所存でございます。

 

 

これまでのことや、
苦労話し等を話したくも
ありますが、
創業者の労苦は当たり前であり、
何よりも
わたしの想いを引き継いでくれる
社員の皆がいてくれることが、
ここで無駄口を叩くのを
止めさせてくれます。





感謝<(_ _)>





社長在任中はご支援、ご指導をいただき、
厚く御礼申し上げます。






f:id:morinosizukuceo:20210920082211j:plain







今後とも、株式会社ゆはかのこ
森のしずくを、よろしくお願い申し上げます。





株式会社ゆはかのこ

代表取締役 久永武




懐かしい漫画

本棚より見つけた漫画。



懐かしい。



『おーい!竜馬』を20数年ぶりに
読み返してみました。





普段漫画はあまり見なかったのですが、
高校時代、とにかく坂本竜馬が大好きで、
憑りつかれたように、
坂本竜馬と書かれている文献は
手当たり次第、読み漁ったのです。





そもそものきっかけは、
司馬遼太郎の
『竜馬がゆく』を読んだことにあります。





寝食を忘れる如く、
一気に読み終えました。





あの頃、将来への期待に夢を膨らませ、
漠然と為せば成るなどと
思い描いておりました。


20年以上の月日が流れた今、
現在の自分と照らし、
改めて色々と考えさせられました。






坂本竜馬と言えば、名言?







これまでのわたしが、勝手に支えとし、
きっとこれからも
意識していくだろう言葉があります。






恥といふことを打ち捨てて
世のことは成るべし




何の志も無きところに、
ぐずぐずして日を送るは、
実に大馬鹿者なり





時勢に応じて自分を変革しろ




俺は議論はしない、
議論に勝っても、
人の生き方は変えられぬ。







世の人は我を何とも言わば言え
我が成す事は我のみぞ知る






さて、孫。
コロナで外出を控えて
いるため、
妙に白いのが気になりますが、
娘はのお腹に第二子が。
仕方が無いようです。





f:id:morinosizukuceo:20210918150348j:plain



 

フロアコーティングは必要か

フロアコーティングは、必要か?

デメリットは?







f:id:morinosizukuceo:20210911164700j:plain







さらには、「フロアコーティング後悔」など
インターネット上には、

フロアコーティングに関する
ネガティブなワードが散在しています。

 

 

このことは、フロアコーティングの不明瞭さを

物語っているとも言えます。





フロアコーティングを検討されている方には
このようなネガティブな情報があると、
とても大きな不安要素となることでしょう。

 





しかし、このようなネガティブと思われる
情報は、一見ネガティブのようで、

紐解くと、消費者の立場に寄り添う内容が多く、
決してネガティブな情報ではないのです。

 

 


多くの方が抱く疑問や不安が反映されており、

そこに答えが見出せるか否かを各自に問うている

形のサイトが大半のため、むしろ検討材料としては
とても有益となります。

 

 




今回は、こうしたフロアコーティングに関する、
一見ネガティブにみえる情報について、
フロアコーティング施工会社の森のしずくの考えを
お伝えします。

 





これまでも、幾重にもお伝えをして

参りましたが、それから時間も経過してしまい

ました為、改めてこの場を借り、

お伝えさせてください。







f:id:morinosizukuceo:20210911164800j:plain







  • フロアコーティングは必要か?






この問いにつきましては、

できるのならば、自信を持って、

おすすめをさせて

いただく商品ですが、

基本的には、必ず要とするものではありません。

 





理由として、

フロアコーティングは無くても生活ができるからです。




例えば、スマホのカバーや、

車のコーティングのようなもので、

カバーやコーティングの有無で

スマホの機能や車のエンジン性能が変わるものではありません。

コーティングしている、していないにかかわらず、

フローリングであることには変わりありません。




せっかくの新品(新築)だから

少しでも大事にしたい。汚れを防ぎたい。

大切にしたい。キズから守りたい。

と思う人と、

床なんて傷は付くものだから気にしない。

生活の場である以上、多少の汚れは仕方がない。

このように思える人。



 

これはもう、自由意志の中で、

人によって考え方や捉え方の差となり、

ライフスタイルそのものでもありますため、

森のしずくとしては、迷われている方に、

必要とも不要とも申すことはしておりません。

 

 

 

まず、

お客様のお考えを尊重させていただいた上で、

森のしずくでフロアコーティングをする
メリットとデメリットのご案内を
正確にお伝えすることを心掛けております。





  • フロアコーティングの価格について




フロアコーティングの施工費用も
検討に大切な要素となります。




フロアコーティング施工代金は、

高額でありますため、施工後の
費用対効果に

期待できるか否かが大切となります。



 

高額なお金を支払う以上、
それ相応の見返りを求めることは
当然のことです。

 

 

 

ただ困ったことに、

施工するまで、

また実際に暮らして月日が経過するまで、

その善し悪しを

ジャッジすることができない

不明瞭さがあります。

 



このような施工後の費用対効果に
対しまして、正確なアナウンスを
お届けすることは、

困難なところも多く、
当社をご利用いただいたお客様がSNS等で

発信してくださったお客様の声に甘えさせて

いただき、頼ってしまっている現状が

ありますが、

森のしずくでは、事前に

ショールームにて施工前後のディスプレイを

ご覧いただき、

フロアコーティングの施工感、

艶の具合から、キズの付き方、

汚れ具合、弾き方の差異を

ご案内させていただいております。

 

 

 

でも、ショールームだから
きれいな状態を維持しているのでは?
との疑問があります。

確かにその通りですが、
多い日は、一日に20組、
総勢40~50名がお越しいただくため、
それなりに摩耗や傷も入ってしまう
環境となります。




そのため、ショールームの床は、

各フロアコーティング施工後、

4~5年経過した状態と変わりません。



ショールームにて、

事前に経年後の状態を知ることは、

検討する上でとても大切です。

 

 




  • 30年保証について





さて、こうした不安や懸念を乗り越えて、

それでも森のしずくへご依頼くださったお客様は、

私たちにとりまして、特別な人です。




ですから、当然に




「 私たちが持つ技術の範囲であれば、

あらゆることへ対応をさせていただく 」




これが、森のしずく保証の基本理念です。



 

お客様が付けてしまった傷を保証しなくては、

お客様のメリットは無く、

フロアコーティングを実施する意味は

とても小さくなってしまいます。



 

もちろん、お子様やご友人様が付けてしまった

傷も同様に保証させていただいております。

 





フロアコーティングは残念ながら万能では

ないことを鑑みますと、

これらは、過剰なサービスではありません。

 

 

 

例えば、我が家のフローリングには、

自社のみならず、

様々なフロアコーティング会社のコーティングが、

部屋毎に施工済みの状態です。

 



そんな床の上で、実際生活をしておりますと、

各部屋共に、一様に、

あちらこちら傷や摩耗が生じています。



 

フロアコーティングを実施しただけでは、

傷や摩耗は避けられないのが現実。



 

フロアコーティングを施工すると、

確かに、傷付き難くはなりますし、

床材本体への傷、摩耗は大幅に軽減できますが、

コーティング塗膜への傷や摩耗は

生じます。

 

 

 

しかし、このコーティング塗膜への

傷や摩耗は、多くの場合補修により、

きれいな状態に復旧することが可能です。
可能ならば、それをお客様各位に
ご提供する。

 




高額なフロアコーティング施工費用を

考えますと、施工後に生じた傷や摩耗への

補修(保証)対応は必然です。

 

 

 

さらに、どんなに強いとされる

フロアコーティングも有体物である以上、

塗膜自体への傷や摩耗は一定避けられない

ことを知る施工会社としましては、

日常生活で生じた傷等を

保証内で補修することを想定する

ことがそもそも求められるべきです。

 

 




それ故、森のしずくでは、

保証内の無償補修は、

本来お客様が求める強度への不足分を

補完させていただく上で、

不可避なものとなります。

 

 



また、塗膜の補修だけではなく、

床材まで達してしまった傷も含めて、

無償にて補修を実施しております。

 

 



  • 故意・過失を問はない理由について。




これは、お客様のお宅であるので、

ほとんどのケースが、

「 あっしまった 」といった過失であるわけで、
過失を保証しないとなると、
もはや保証そのものが効果がなくなって
しまいます。
故意については、これはもう
無いと考えるからです。






コーティング施工時及び、
コーティングそのものに起因する場合は、
保証にて補修するというケースも
良く聞きますが、
これは、保証ではなく、
施工会社は、債務不履行として、
保証以前に補修をしなくてはなりません。







f:id:morinosizukuceo:20210911164801j:plain







森のしずくは、

これまでの施工実績の中で、

フロアコーティングのメリットや

デメリット、良さも、弱さも知っております。



 

良い部分を最大限に伸ばし、

弱さを最大限縮小し、

それでもカバーできない部分は

アフター作業にて補完をさせて

いただいて参りました。

 



このような補修お伺いは、
フロアコーティングに対します
ケーススタディーの場とさせていただけるため、
当社にとっても非常に有益な機会でも
あります。

 

 

 

会社の発展を目指す時、

何よりもお客様満足度を高めることが

一番に大切と思っております。

 

 

 

保証を謳うわけではなく、

お客様にご満足をお届けし続けるために、

森のしずくは保証を大切にして

参りました。

 

 

今後も、より一層アフターサービスを
大切にし、
お客様のお暮しを陰ながら、
快適なものとなりますよう、
お役に立てるよう、努力して参ります。



その中で、
わたしたち森のしずくの
フロアコーティングに意義を実感
いただけたら幸甚です。

 

 

 

森のしずくは、
いままでも、これからも、
お客様各位の施工日からの30年を
大切に歩んで参ります。





読書の秋

出先で近くに書店があると、
つい立ち寄ってしまいます。






特にコレを読みたいと思って
買うというより、
フィーリングで何冊かを購入する形。






今の時代、電子書籍なのでしょうが、
どうしても紙媒体派です。






ここ最近読んで良かったと
思う1冊をちょっと紹介します。





f:id:morinosizukuceo:20210909154431j:plain

www.amazon.co.jp







カリスマ経営者の父から事業を引き継いで、
二代目社長になり、
さらに成長を遂げているジャパネットの経営。






組織マネジメント論も勉強になるところが
多くあります。






そして、何よりも
アフターサービスと顧客満足度の向上に
徹底的に向き合っている。






すごく刺激になりました。