フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

若い力は無限大

オハナ北戸田ガーデニアにて、

(ナノグラス浴室コート施工後の画像です。)

f:id:morinosizukuceo:20140830102648j:plain

こちらも同じく、

オハナ北戸田ガーデニア ナノグラスコート30施工後。

f:id:morinosizukuceo:20140830114244j:plain

こちらは、本日当社にてエコカラットを施工をさせていただき、

明日はフロアコーティングを施工させていただくお客様邸。

森のしずくエコカラット(ラフソーン ライトブラウン施工後)

f:id:morinosizukuceo:20140830115446j:plain

以上、本日のピックアップ画像でした。

 

さて、話しは変わりますが、

米田(マイタ)という21歳の社員がおります。

結婚もしており、子供もいます。

考えてみるとうちの長女より3歳上なだけ。

漠然とこの子頑張ってるよな。

っと思ったのです。

遊び呆けている子が多い21歳という

若さで、先輩社員へ必死に食らいついて

いるのです。

コーティングへの知識が無かった分、

呑み込みも早く、さらに貪欲さがある。

職人の世界や技術職、

さらには営業職にも言える

ことでしょうが、

経験者であることが、逆に足枷になる

ことはとても多いのです。

これまでの経験に縛られて、

その域を脱することができずに、

結局与えられた仕事をこなすだけの

日々へと立ち戻ってしまう。

大企業であるならばいざ知らず

当社のような規模でそれでは・・・。

っと、こう来るのです。

帰社した米田と少し話しをしました。

「米田の強みを見出して、

 これなら誰にも負けない。という強みを

 作りだして欲しい。          」

そんなことを話しました。

森のしずくを自己実現の場にして

欲しいと思うのです。

フロアコーティングは経験が必要です。

しかし、重ね過ぎた経験は時として、

最悪な結果を生みます。

これまで私はそのような不幸をいくつも

目の当たりにしてきました。

謙虚さを忘れることなく経験を

積み重ねていってください。

 

 

f:id:morinosizukuceo:20140515184308j:plain