読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

完全社内向け。他山の石として・・・。

大企業であっても、零細企業であっても、

最悪の局面において大差はないのでは・・・。

自宅で東芝のニュースを観ていた時に、

漠然とそんな思いに駆られました。

 

いつであったか、

ある企業の社長がこんなことを言っておりました。

 

「人生に深刻な影響を及ぼす、

 リストラはあってはならない。

 社員に甘えてきた経営者はその責任を取って、

 雇用を死守することが肝要。

 経営危機イコールリストラはあまりにも無責任だ。」

 

身につまされる思いが・・・。

 

と同時に、

東芝の経営難のニュースは、

わたしを大きく突き動かします。

 

対岸の火事ではあってはならず、

他山の石としなくては・・・。

 

 

ただ、それでも思うことを言わせてもらいます。

 

役職や立場に関係することなく、

働いている以上、

自分の会社を「最大の取引先」と考える視点を

持つことです。

 

 自分の会社を、

一番の取引先と考えて

日々動いく(仕事に取り組む)こと。

 

会社が何を目指すべきか、

現状と将来を中長期的に考え行動(仕事)をすること。

 

それらに、必要な動きをして、結果を出すこと。

 

給与とはそんな仕事への対価です。

 

自分の仕事を今一度良く考えて欲しいと思います。

 

会社から与えられた仕事を、

そつなく熟せるようになったことで、

満足している人があるならば、

やがて慢心へと変わってしまいます。

残念なことに、その人への評価はボトムです。

 

給与に見合った仕事、

それを遥かに超えていく動き(仕事)を

していくという、危機感を持たなくてはなりません。

 

 対価とは、結果としてついてくるものです。

 

残念なケースとして、やみくもに

給与を上げて欲しいと考える人があります。

仕事 イコール お金と安直に考えすぎています。

 

もっと言うならばそんな人は長期的に観た時に、

組織の歯車にすらならず、

歯車に挟まる小石のような存在へと

変貌してしまうのではないでしょうか。

 

「対価以前に遣り甲斐を持てるか否か。」

が働く一番重要な要素だと思います。

 

そして遣り甲斐は、会社が与えるものではなく、

あなたが見つけるべきものであり、

またその必要があるのです。

 

そんな遣り甲斐を得て働くあなたをしっかりと

正当に評価するのが組織の役目なのです。

 

順序を間違わないことが肝要。

 

「会社とは本来空っぽの箱です。」

 

そんな空っぽの箱を埋めていけるのは、

社員ひとりひとりにほかありません。

 

あなたなのです。

 

空っぽな箱が少しずつ埋っていく時、

会社が成長を遂げる瞬間です。

 

その一方で、

結果が出せない人や、

周りの成長についていけない人は、

弱音を吐いたり不平不満を

言うようになってしまうケースがあります。

 

 そんな甘えこそが、

評価をされない原因という悪循環。

 

何度も申しますが、

自分で獲得していくものなのです。

 

それは、わたしにも言えることです。

 

 会社を取引先と捉えて歩み、

常に最大のパフォーマンスを出せるよう

働いていく必要があります。

 

このことは、

経営者であっても、社員であっても同じです。

 

株式会社ゆはかのこ 森のしずく社員とは、

互いに、 

この辺をしっかりと理解をし、

共有をし、志を持って歩みたい。

 

 

最後にこんな言葉を・・・。

 

「 この船はまだ小さくて、

  燃料も食料もたくさん詰め込めるわけじゃない。

  船は自分たちでこがなくちゃいけないし、

  食べるものも自分たちで

  調達してこないといけない。

  でも、自由だけはたっぷりある。

  かつてできなかったこともこの船でならできるし、

  行き先も自分たちで決められる。

  ・・・・・・・・・・・・・・・だから、頑張ろう 」

 

株式会社ゆはかのこ

代表 久永武士

 

www.morinosizuku.com