フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

森のしずくじゃなきゃ・・・ダメと。

11月がスタートしました。

11月~12月末まで、とにかく多くのご予約を

承っており、心より御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

施工部も、業務も忙しい。

 

 

 

 

 

 

お客様におかれましては、

「 森のしずくじゃなくては、意味が無いっ!」

って思っていただける会社を

常に目指しておりますが、

少しですが、

そんな思いでご依頼をいただくお客様も

増えました。<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

とにかく常に検証を怠ること無く、

謙虚で誠実な会社であろうと努力をしております。

 

 

 

が・・・現実の評価はまだまだです。

 

 

 

わたしが、定期的にこんな(理想的)なことばかり

言うため、ギャップがうまれてしまわないよう、

社員一同、努めております。

 

 

 

 

 

 

 絶対に他社を悪く言ってはいけない

他社の商品を悪く言うことで、

自社を優位に持ってくるようなことはしない。

 

 

ただ、自社の商品の良さを経験に基づいて

お伝えすることだけに徹して参ります。

 

 

 

現場からスタートしたわたしは、

現場に出ると元気が出てきます。

 

わたしが、現場に出る意味があるのかを除きますと、

わたしが現場に出ると元気がでることは、

施工会社として、実に大切なことだと思っています。

 

 

 代表者が現場を知っているか否かは、

お客様におかれましてとても、

大切なことです。

 

施工スタッフにおいても

大切なことです。

良くも悪くも、現場の仕事内容、

過酷さを含め知る会社は強いのです。

 

 

 

現場を知るわたしは、

会社の誰かがクレームを出してしまったら、

当然にわたしの責任と痛感できます。

とても当たり前のことですが、

心から思うところが、若干違い、

その思いはやがて大きく変わってくると

信じております。

ですからクレームに対して、社員一丸となり、

全力で解消させていただく姿勢が

自然とできます。

 

 

もちろん、クレームは無いことが最良ですが、

万が一の時、

そのクレームを絶対に好転させてみせるとの思い、

気概、気迫が

心の底に揺るぎなくあることが大切です。

 

 

そうでなくして、

多くのお客様のご期待にお応えは

できません。

 

苟も現場仕事を生業としておりますわたしたちは、

お客様がすべてです。

OKラインは、お客様にあります。

 

 

当然お客様毎にOKラインは違いますが、

それらをすべてクリアしていく先に、

森のしずくの発展はあるのだと・・・。

 

 

また、すべてのお客様に、

親しみをもって接することも、大切です。

 

 

しかし、それを履き違えてしまい、

馴れ馴れしくなることは

間違っても致しません。

 

お客様との距離を常に意識をし、

弁えを持って大切に、

慎重にありたいと思っております。

 

 

 

 

 

 

久しぶりとなりますが、

最近の施工画像をご案内させてください。

 

 

 

 

f:id:morinosizukuceo:20181101162025j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181101162029j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181101162036j:plain

 

f:id:morinosizukuceo:20181101161416j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181101162052j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181101162124j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181101162127j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181101162139j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181101162147j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181101162151j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181101162158j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181101162201j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181101162202j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181101162205j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181101162209j:plain

f:id:morinosizukuceo:20181101162213j:plain