フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

森のしずく 社内改革実施の案内

森のしずくの皆様へ。

f:id:morinosizukuceo:20140516175533p:plain

今日は久しぶりにお休みを

いただいておりました。

 

休日であっても休日では無い。

そんな感じではありますが、

仕事があることは、

ありがたいことです。

 

ちょっと仕事から離れると、

余計に仕事のことばかり考えてしまう。

 

多くの人もきっとそうであろう・・・。

などと考えながら、

やはり仕事のことを考えておりました。

 

最近の当社をみると、

どこかマンネ化しているように感じて

おります。

 

施工部は日々の施工に追われ、

業務部も日々の業務に追われ、

何か新しき、創造的な仕事へと

向かう余裕がない。

本当に余裕が無いのか・・・。

そこには疑問もあり、

また言いたいこともあるのですが、

まずは、私自身が省みなくては・・・です。

何より私自身が先駆者である必要があるのです。

 

それは、いつでも前提なのです。

 

会社を立ち上げた以上、

常に拡大を求められる運命にあります。

社員には、家族もあり、子供も増え、

さらに成長していく中で、

暮らしを営むために要する費用も増えていく。

当たり前のことです。

一度スタートした企業は逆ピラミッドのような

成長が求めら続ける宿命なのです。

当社を見ると、ある程度の度合いで右肩上がりを

続けてきております。

 

しかし、このことが逆にどこかで

マンネリ化を加速させているように感じる。

 

感じた時、時すでに遅し・・・。

手遅れ・・・そんな無責任な

経営があってはなりません。

 

当社では、企業として新しい分野への進出、

また新サービスの導入が

最終準備段階です。

 

当社の顧客が驚き、

森のしずくに頼んでおいて良かったと

思っていただけるサービスも

スタートします。

 

これまで、職人施工会社として

ございました当社は、

新しきサービス会社へと

飛躍するべく準備をしております。

 

全社員においては、マンネリからの脱却を

否応なくしていただかなくてはなりません。

 

もしかしたら、

社員の中には、この動きについて

これない、または否定的な考えも

あるかも知れません。

 

会社としては、基本的に

どのような意見でも、聞きます。

しかし、無意味で、稚拙な内容は

やめてください。

 

その内容が合理的且つ、お客様にとり

有益であり、会社にもそのサービスにより

有益である場合採用します。

会社として、

より良きサービスは必然的に

お客様に喜ばれるサービスです。

 

私が思う大切なことは、

お客様にとってより良きサービスを

スタートするという志の共有です。

 

はっきりと申しますが、

社員に迎合する対応は一切しません。

 

情で仕事はできません。

仕事に情を持ちこむことで、

本質を見失うようなことはしたくないのです。

 

仕事において、

情はナサケであり、

愛ではない・・・そう考えます。

厳しさを相互に持ち、本当の意味で

互いに尊敬できるために、

情は省き、厳しさを求め合う組織としたいです。

 

厳しさを持ち、互いに立った時、

おのずとそこには協力が発生するはずです。

建設的な組織であることを土台としたうえで、

そこに愛がある会社にしましょう。

 

是是非非の基準を大切にします。

 

嫌われても守るべきものが、私にはあります。

お客様の利を基軸としたサービスにおいてのみ、

当社は今後も発展をしていけるのです。

それこそが、長い将来を見据えた時、

皆さんを含め、当社にとり有益と考えます。

 

目先の利益や、個々の利害関係に

とらわれることなく、

たった一度の人生で、

巡り会えた仲間のためにも

家族のためにも、

価値ある仕事を共にしていきましょう。

 

皆さんにも家族がいるように、

当社はあなたを、そしてあなたの家族をも含めて、

家族と捉えて、これまでも今後も考えております。

 

それゆえ、

家族の未来を明るく、将来を明るくするために、

会社が何をしてくれるかではなく、

あなたがどれだけ会社に何ができるかを

考え、行動と実践におき、

結果を出して欲しいと

心から望みます。

 

社員に対しても、公明正大に

正当な評価をします。

単なる「 やる気 」などは

評価に値しません。また、

これまでのいわゆる年功序列型の

給与体系も改めます。

 

大幅な改革を断行します。

 

ですから、現状に甘え、何ら変わることが

ない場合は、残念ながら私は貴方を評価をする

ことはないでしょう。

 

後ろ向きになり、守りに入ることは

衰退こそあれ、進歩と未来はありません。

 

繰り返しとなりますが、

新しきサービスを開始するに伴い、

社内改革を実施します。

 

マンネリからの脱却を宣言します。

 

明日9月8日より、全社員への個別面接を

開始させていただきます。

 

社員の皆さんも同様に、

私を観ていてください。

 

思うところがあったら教えてください。

 

私に非が有る時には、

お前が一番ちゃんとしろっ・・・と。

言って欲しいです。

 

 

f:id:morinosizukuceo:20140516175533p:plain