フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

信じるチカラ・・・。人と人は写し鏡。

本日午前に、群馬県高崎市からお客様へ

ショールームへお越しいただきました。

所沢市ショールームにて17時からの

お客様をお待ちさせていただいております。

着々と近づいている台風とは裏腹に、

とても穏やかな日曜日の午後・・・。

ぼんやりと考えておりました。

 

自慢ではありませんが、

私は結構騙されやすいようです。

自覚はゼロですが。

 

多くの人に騙されやすいと言われるので、

おおよそその通りなのでしょう。

振り返ると若干思い当たる節もありますが、

それで良いと、実は思っています。

 

私は、仕事でもプライベートでも

まず私を信じてくれなくては、

付き合っていけない性分です。正直

面倒くさいのです。

自分でも面倒くさいのですが・・・。

例えば、子どもに嘘つきと言われることがあるならば、

とても残念で、41歳にして泣きたい気持ちに

なるほど落ち込んでしまう。

 

自分を信じてくれる人と付き合いたい

と思ってしまう。こればかりは治りません。

 

困ったことに、これは仕事でも言える事なのです。

 

社員に対しても。

また、お客様に対しても。

 

その前提で私は人を信じております。

 

この人はと思う人を信じるのです。

悪い方に作用した場合は、それなりに害はありますが、

良い方に作用した時は、その効果は絶大であるため、

悪く作用したことなど凌駕します。 

 

何より自分を信頼して貰うためには、

この人はっと思ったら相手が新入社員であろうが、

最初に心から信頼をします。

きっとその時点で私の判断は誤っていないはずです。

 

裏切られることがあったならば、その後のお付き合いで、

私が信頼を損ねた結果なのです。

 

だから自身への後悔はあっても、

他人から騙されたと映っても、

実はそうは思っておりません。

 

せっかく何かをきっかけに出会えた人を

私は信じたいと思います。なかには、

この人とは無理だなって思うことも当然ありますが。

 

それでも出会う人のほとんどが信じられる方々ばかりです。

振り返ってみても、今でもその考えは

間違っていなかったと思います。これからも、

多くの人との出会いを待ちわびながら、

信頼されるように、ありたいと思っております。