フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

子どもとの遊びと、老いとの戦い。

高3の長女、

高1の長男とは良く遊んだ

記憶が私にもあります。

 

自分の幼少期に適わなかった

想いもあって、

息子にはプラレール

娘にはシルバニアファミリー

などを買ってあげました。

 

当時施工に日々出ていた私は、

帰り路にトイザラスがあると

社員を乗せたまま立ち寄っていました。

 

帰宅するや、自分自身が線路を繋げて

遊んでいたのを思い出すのです。

 

当時会社はまだまだ軌道に乗ったとは

言えずにおり、

社員への給与を払ったら我が家の生活費が

足りなくて、

せっかく娘に買ってあげたシルバニア

ヤフーのオークションに出品。

なかなかの高値で落札され、

お米を購入したりしておりました。

 

今にして思えば、形振り構わずに

ただただ生きていた。

そんな時代もあったのです。

 

会社の経営状況に左右されながらも、

曲りなりに現在に至った中、

会社も気がつけばそれなりに

年数を重ねて、それなりの規模へと

成長しました。

 

私が努力をしたというよりも、

ただただ、月日が経ったとの実感の中、

老いました。

 

長女、長男に続き、

我ら夫婦は調子に乗り、

さらに3人の子どもを世に産み落として

いるのですが、

老いた私は子どもと同じ視線で遊ぶことが

気がつくと困難になってしまいました。

 

明日は、当社の定休日です。

久しぶりのお休み。

一番下の双子ちゃん達は来年から

小学校なので、

双子をお休みさせて

遊んであげようとの妻からの提案。

 

「 良いね! そうしよう! 」

なんて返したものの・・・。

明日はいったい何をして過ごそうか・・・。

 

くわばら、くわばら。

 

ゆはかのこ森のしずく代表