読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

献血・・・。

「 すごい太い針だった。

  ヘモグロビンが多いって

  言われた。        」

 

帰宅して一番下の双子達に

妖怪ウォッチのゲームを見せられて

いると、キッチンで長女が興奮して

妻に話している会話が耳に入ってきました。

 

どうやら、献血に行って来たらしいのです。

 

妻も献血には定期的に行っている。

献血した日は一日具合が悪くなるのに。

 

長女が献血をして来たと聞いて、

妻が「 そろそろ私も献血行こう!」

 

妻が献血をして来た日は

しんどそうにしているので、

「 無理にすることないだろうっ! 」と

言ったのだが。

 

妻からの返答に

返す言葉は当然ありませんでした。

 

妻が言うには、

「 献血をするようになったのは、

  アナタが献血で命を繋げていただけたから。

  何不自由のない暮らしの中で、

  献血をしに足を運んで、

  献血をしてくれていた人がいてくれたから

  アナタが生きられているんだから。

  アナタ輸血をたくさんして貰ったから

  献血出来ないでしょっ。

  だから、私たちが少しでもの恩返しと

  思って行っているんだよ。

  デリカシーに欠けたこと言わないでよ。     」

 

ハイ。申し訳ありませんでした。

 

そう、私は仕事中にスタッフが落として

しまったガラスサッシを割るまいと

腕で受けてしまい、

左腕を切断しかけたのでした。

 

その際に、動脈を3本断裂し、

筋肉も神経も大半を断裂してしまい。

驚くほどの出血に、(4リットル以上を出血。)

死をも覚悟しました。

(通常なら失血死もと。)

 

が、顕微鏡による血管縫合術を

10時間もかけて実施いただいた医師と

献血をしていただいていた人々の血液を

輸血いただき、

そのお蔭で今を生きております。

 

血が吹き出し、

骨が見えて、

そうめんの束のような、

白いものなどなど。

そうめんは後に切れた筋肉で

あることを知りました。

 

そんな事故からもう、

10年が過ぎようとしております。

 

思えば、意識が朦朧としておりましたが、

手術室へ運ばれる際に、

妻や幼かった娘が号泣していたのを

今でも思い出します。

 

そうだったかぁ。

 

ありがとう。

f:id:morinosizukuceo:20141221125130j:plain

皆に助けていただいた私の左腕は

左利きの私を今も支えてくれています。

 

 

 

ゆはかのこ 森のしずく代表