読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

中古住宅はフロアコーティングで甦る!

新築住宅以上に多い、

既存住宅。

 

リノベーションを実施できれば

良いのですが、

費用は際限なく嵩んでしまいます。

 

そして、ふだん一番体が触れる場所で

ありながら、交換となると一番費用が

掛かるフローリングにつきまして、

「 フロアコーティングによる甦り 」

をご提案させていただきます。

 

なにせ、築年数が10年を超えたご物件の多くが、

突板で、床材がしっかりしております。

ですから、フロアコーティングの施工を

間違わなければ、それはそれは美しく、

甦るのです。

 

本日施工担当の長谷川、河原より

届きました施工画像。

築14年の住宅です。

 

施工前の画像①

なかなかパンチのあるキッチンのフローリングです。

ワックスに油分も含み、剥離も一筋縄ではいかないことが、

一目瞭然です。

f:id:morinosizukuceo:20160417173818j:plain

リビング部分も、ワックスが幾重にも入っていることが、

わかりました。

f:id:morinosizukuceo:20160417173826j:plain

クッションフロアもこってりとワックスが・・・。

f:id:morinosizukuceo:20160417174034j:plain

とにかく、ワックス剥離作業を開始です。

f:id:morinosizukuceo:20160417174117j:plain

なんじゃこの泡は???

ってなくらい泡立っておりますが、

この泡が出る=ワックスがこてこてに入っている証拠です。

f:id:morinosizukuceo:20160417174245j:plain

クッションフロア部分も剥離に剥離作業を繰り返します。

一度剥離作業を実施した状態が下図の通りです。

f:id:morinosizukuceo:20160417174405j:plain

なんか白いカスのような物があちらこちらに・・・。

拡大すると ↓ ↓ ↓ (@_@;)

f:id:morinosizukuceo:20160417174501j:plain

カス。カス。カスだらけ。

これこそが、ワックスが幾重にも入っている時の

剥離状態の過程。

ここから、さらに2回の剥離作業を全床に施します。

f:id:morinosizukuceo:20160417174658j:plain

そして、ようやく完全剥離ワックス除去が完了!

これまでの床材に浸透した汚れ分も含め、

すべてを抜き取り、脱脂洗浄までした状態が下図6枚です。

f:id:morinosizukuceo:20160417174703j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160417174707j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160417174713j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160417174717j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160417174721j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160417174724j:plain

 

さて、ここからが本題。表題の件となります。

築14年の住宅にフロアコーティングをすると???

こうなります ↓ ↓ ↓

f:id:morinosizukuceo:20160417175013j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160417175017j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160417175019j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160417175027j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160417175030j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160417175033j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160417175036j:plain

f:id:morinosizukuceo:20160417175039j:plain

これだから、中古住宅にフロアコーティングを

すすめてしまうのです。

 

築14年の床が甦りました。

 

株式会社ゆはかのこ代表