フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

富士山2017 今年も行ってきました。

富士山へ2017。

 

8月10日と8月11日の山の日。

1泊2日で富士山へ行ってきました。

 

9日夜の情報では、

大月JCT付近で災害のため、河口湖方面通行止め。

 

そんなわけで、10日は朝早くから自宅を出発しました。

 

しかし、大月の災害も復旧しており、

目的地の駐車場へ思いのほか早く到着してしまいました。

 

今回も吉田ルートを選択しましたので、

北麓駐車場に車を停めます。

 

f:id:morinosizukuceo:20170810082855j:plain

 

この時期は、マイカー規制中のため、北麓駐車場から5合目までは、

シャトルバスを利用します。

 

f:id:morinosizukuceo:20170810082909j:plain

 

シャトルバスに揺られること45分くらい。

富士スバルライン5合目に到着しました。

 

f:id:morinosizukuceo:20170810102922j:plain

 

到着時は、ガスが出ておりました。

 

到着時刻は、AM 9:45 

 

5合目は、すでにご覧の混雑^^;

 

f:id:morinosizukuceo:20170810111629j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170810111633j:plain

 

決して赤い服の女性を写したワケではございません。

 

さて、今回のメンバーは、

わたし&妻&次男(中3)&二女(小3)&三女(小3)の5名です。

 

中3の次男は反抗期?「親と山登りなんかしねぇ~よキモイ」

などと言っておりましたが、

今回が初挑戦の双子のサポート役として参加。

 

長女はバイトがあり、長男は大学のサークルで北海道へ。

 

今回は、この5人となりました。

 

時間もおたっぷりあったので、

5合目で2時間ほど身体を高度に慣らすことにしました。

 

f:id:morinosizukuceo:20170810111618j:plain

 

リュックを置いて、腰を下ろして暫し休憩。

 

1時間ほど経過したら、お腹が空いたと子どもたち。

富士山カレーをいただいて、さらに30分ほど休憩。

 

以前に7合目までは行ったことがある双子ですが、

その時、高山病の症状がありました。

そのため、慎重に時間を掛けていくことにしたのです。

 

そんな私の考えをよそに、

「 もう行こうよっ! 」「 まだ出発しないのっ!! 」

と双子、次男坊、妻までがガァーガァー言い出します。

 

f:id:morinosizukuceo:20170810114403j:plain

 

もういいかなぁ・・・。

 

ようやく出発。

 

f:id:morinosizukuceo:20170810114417j:plain

 

f:id:morinosizukuceo:20170810114413j:plain

 

5合目から吉田ルートのスタート地点までは、こんな感じで・・・。

 

f:id:morinosizukuceo:20170810114421j:plain

 

しばらく歩くと。

吉田ルートのスタート地点に到着。

 

f:id:morinosizukuceo:20170810120343j:plain

 

長い旅の始まりです。

 

今回は、双子の手を引いての登山だったので、

写真はほとんど撮ることができませんでした。^^;

 

6合目に到着して妻が私にひとこと。

「 パパお水ちょうだい!! 」

双子も「 パパノドカワイタ!! ミズチョウダイ!! 」

 

んっ・・・・・水?

水ってなに?

 

しまった。水持ってくるのを忘れていました。

しかも、5合目でも買い忘れてしまい・・・。(ー_ー)!!

 

高山病対策には、こまめな水分補給が鉄則。

 

のど渇いた~ ♪ ♪ ♪ を連呼する双子。

 

すると双子の御守役の次男が、

「 仕方ねーな。

  じゃあ、7合目の花小屋までお父さんと行って買ってくるから

  母さんとお前たちは、ここで待っているか、

  ゆっくりゆっくり登って来てなよ。

  俺らで登って買って、下りてきるから。 」

 

妻、双子の女性人は、こくりと頷き、

私と次男は、6合目から7合目にペットボトルの水を買いに

急いで向かいました。

 

次男坊の男気発言に驚きながら、

私たちは、とにかく7合目最初の山小屋である花小屋へ急ぎました。

 

6合目から花小屋までは、通常1時間かかります。

それを何とか40分ほどで到着。

 

花小屋でペットボトルの水を5本購入。

¥2,000。。。1本¥400。。。そんな計算をしながら、

レディ陣が待つ6合目を目指し今度は下山。

 

しばらく下山するとレディ陣に合流。

3人で登ってきてくれておりました。

 

そして、水分補給。

 

6合目から上の富士山は、この日晴れていました。

しかも、渋滞中。

 

f:id:morinosizukuceo:20170810142137j:plain

 

双子のペースでゆっくり登っていきます。

 

f:id:morinosizukuceo:20170810142140j:plain

 

先ほど、次男坊と行った花小屋も見えてきました。

 

f:id:morinosizukuceo:20170810133545j:plain

 

ゆっくりと。休憩をしながら。

 

f:id:morinosizukuceo:20170810152809j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170810152753j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170810152803j:plain

 

そして、到着したのが、私たち5人の宿泊先。東洋館さん。

今回は、双子が初挑戦だったため、

セパレートタイプの5人部屋を借りました。

こんな感じです。

 

f:id:morinosizukuceo:20170810160453j:plain

 

宿に到着するなり、読書を始める双子。

リュックの中に本を入れて来たとは・・・(ー_ー)!!

 

f:id:morinosizukuceo:20170810182426j:plain

 

そして夕食。

 

f:id:morinosizukuceo:20170810163057j:plain

f:id:morinosizukuceo:20170810163104j:plain

 

海抜3000メートルで吞める生ビール。

 

f:id:morinosizukuceo:20170810164047j:plain

 

外国人の方も多く、draft beer は大変な人気者でした。

 

自分で決めているルールのダイエット中の禁酒ですが、

例外がございます。

 

国内のみ適用。

海抜3000メートル以上ならばOKにしてあります。

つまり、海外と3000メートル以上ならば、OK。機内でもOK。

 

とても意味不明なことを書いてしまいましたが、

見る人が見たらわかるように、念のために書いておきます。<(_ _)>

 

さて、夕食後部屋に戻るや否や私を残し4人は寝入ってしまいました。

 

暇で仕方がないのが、山小屋です。

でも大丈夫です。富士山でもスマホ使えます。

 

f:id:morinosizukuceo:20170810161223j:plain

 

スマホをしている間にわたしも落ちてしまいました。

 

すると次男坊に起こされました。

 

父さん父さん星がやばいから外見てみなよ。

息子に連れられて外に出て見ると、

妻も双子もすでに次男坊が起こし、

外に連れ出されておりました。

 

そして見上げた空には満点の星が・・・。

 

どこで見るよりも美しく、

星の数も多いのではと思える光景でした。

 

それにしても寒い。

ここは3000メートル地点。

 

部屋に戻り、5人でまた眠ることにしました。

 

この時までは、

翌日に起こる事態を想像すらしておりませんでした。

 

 

続く。