フロアコーティング森のしずく 代表の日記

フロアコーティング業界を丸裸にして、消費者の安全を確保することを目的とします。

「森のしずくの保証」への気持ち

8月も半ば、厳しい暑さが続いております。

わたしの場合、夏と言えば高校野球^^;

連日の熱戦、目が離せません。

 

 

今年は、プロ野球にも大注目中。

埼玉(所沢)西武ライオンズが強い!

 

 

 

f:id:morinosizukuceo:20180420173357j:plain

 

 

 

 

今日は、お盆休みのUターンラッシュのピークのようです。

 

 

 

f:id:morinosizukuceo:20180725153804j:plain

 

 

 

73回目の終戦記念日

日本航空123便墜落事故から33年が経ちました。

 

 

 

うまく言えませんが、

紛れもなくわたしは生かされていることを

毎年この時期になると感じます。

 

 

日々の暮らしでは、

人が招いた悲しい出来事に足をとられたり、

図らずも事故や悲惨な出来事に遭遇してしまう

ことがあります。

 

 

わたしたちの生活の隣には、

できれば遭遇したくない嫌なことがたくさん

起きてしまっていることをニュースは伝えます。

 

 

そうしたすべてを脱ぎ捨てて、

「 ほっとできるのが家 」でありますし、

そうであったなら良いですね。

 

 

子供が伸び伸びと暮らし、

笑顔で成長できる家。

 

 

 

子供の想像力を育む家。

 

 

 

f:id:morinosizukuceo:20130622110311j:plain

 

 

 

そんな家だからこそ、

大切にきれいな状態を維持させたいとの

お客様のお気持ちに、

わたしたちは、心を持って取り組まずして、

わたしたちの価値は見出せません。

 

 

 

お子様がやがて成長をされ、大人になった時、

実家はまだ保証期間中。

わたしたちは、日々を頑張り、将来に向かって

弛まぬ努力を要することを

うれしく思います。

 

 

 

f:id:morinosizukuceo:20180816153417j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180816153435j:plain

 

 

 

フロアコーティングは、

残念ながらどんな商品でも傷や摩耗が生じます。

 

 

ガラスでもUVでも、すべてに言えるのは、

「 消耗品 」であること。

 

 

だから、わたしたちは、

施工をしただけでは防げなかった傷や摩耗を

補完措置として、

補修や再コートを保証内にて無償化しております。

 

 

わたしたちは、

お蔭様で多くのお客様にお支えをいただき、

お金をいただき、生活をさせていただいております。

 

 

勘違いをしてはいけないことがあります。

わたしたちは、お客様に生活を

させていただいているのです。

 

 

ですから、わたしたちを支持いただき、

お支えいただく、

わたしたちのお客様をスペシャルに大切にします。

 

 

 

f:id:morinosizukuceo:20180816153224j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180816153221j:plain

 

 

 

施工品質、性能、アフター、

その根底にわたしたち全スタッフの品位の確保と

誠実さを持って、フロアコーティングと言ったら

森のしずくと言われるべく、

取り組んでおります。

 

 

それが、フロアコーティング森のしずくでありますため、

保証内の無償対応は、日々実践させて

いただいております。

 

 

 

f:id:morinosizukuceo:20180610084830j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180816153138j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180816153142j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180610084842j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180816153151j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180816153155j:plain

f:id:morinosizukuceo:20180816153158j:plain

 

 

森のしずく

株式会社ゆはかのこ

代表:久永武